タイの”神童”がFC東京でトライアル。過去に神戸やレスターの練習参加経験

2015年12月09日(Wed)21時29分配信

photo Chonburi FC
Tags: , , , , , , , ,

タイの”神童”がFC東京でトライアル。過去に神戸やレスターの練習参加経験
ウォーラチット・カニッシーバンペン【写真:チョンブリFC】

 タイ・プレミアリーグ(TPL、1部)のチョンブリFCは8日、18歳のFWウォーラチット・カニッシーバンペンが今月15日から19日までFC東京の練習に参加すると発表した。

 弱冠16歳でTPLデビューを飾り、18歳でU-23タイ代表に選出される逸材は、3年前に一度ヴィッセル神戸U-18に留学という形で練習参加した経験を持つ。しかし今回はJリーグでプロ契約を勝ち取るための来日だ。

 2013年にはイングランドのレスターへ留学したウォーラチット。今年はAFF U-19選手権でタイ代表の優勝に貢献し、6ゴールを挙げて大会得点王に輝いた。将来は国を背負ってプレーするのではと、国民から大きな期待を寄せられる存在でもある。今季のリーグ戦では11試合出場1得点という記録を残している。

 クラブ公式HPでコメントしたマーケティング部門のディレクターは「FC東京が長い間コンタクトを取ってきていた」と、以前より関心を持たれていたことを明かし、「彼にとって大きなチャンスなので、サポートを惜しまない。クラブが移籍を阻むことは決してない。すべてのサッカー選手の未来にとってより高いレベルのリーグでプレーすることは選手自身のレベルを引き上げる」と、チョンブリFCとしてウォーラチットの挑戦を全力で応援する意思を表明した。

 一方で「トライアルを経て契約できるかは全て彼の持っているポテンシャルしだい。1週間のテストでうまくいけば、歴史を作るのに十分だろう。日本で初めてプレーするタイ人選手になれるかどうかだね」と、選手への期待を語った。

 ウォーラチットは13日のリーグ最終戦を終えた後来日し、トライアル参加後は速やかに帰国してリオデジャネイロ五輪出場を目指すタイU-23代表のトレーニングに合流する予定となっている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top