開催国としてEUROに臨むフランス。メンバー発表前最後の試合で“滑り込み”を狙う選手たち

“セックステープ事件”の影響で、ベンゼマをEURO2016に招集できない可能性が高まっているフランス代表。だが、そのほかの選手たちもポテンシャルも高く、各ポジションで本大会メンバー23人の枠を巡る争いは熾烈を極めている。

2016年03月14日(Mon)17時00分配信

text by 小川由紀子 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ゼロではないEUROでのベンゼマ招集

EURO2016に開催国として臨むフランス代表チーム
EURO2016に開催国として臨むフランス代表チーム【写真:Getty Images】

 EURO2016開催まで90日を切った。今月末の国際親善マッチデーでフランスはオランダとロシアと対戦する。この2試合は5月12日に予定されている本戦出場メンバー発表前の最後の実戦、つまり、23人を絞る上で非常に重要な選考の場だ。

 3月12日発行のレキップ紙とのインタビューの中で、フランス代表のディディエ・デシャン監督は、本戦行きのメンバー構想はほぼ頭の出来上がっている、と話している。

 その上で、ここから5月までの間のコンディションや、パフォーマンスの好・不調を見極めて、足したり、引いたりの調整をして最終リストを完成させる予定だ。

 GKのロリスとマンダンダ、守備陣のバラン、コシエルニー、サニャ、エブラ、ディーニュ、中盤のキャバイエ、シュナイデルラン、ポグバ、マテュイディ、シソコ、攻撃陣のグリーズマン、ジルー、マルシャル。

 このあたりは怪我さえなければ確実に招集される鉄板メンバーだ。

 ここ最近の招集傾向からいってDFマンガラ、MFディアラ、FWジニャックらのメンバー入りも濃厚。

 あとは『セックステープ事件』の影響か心身ともに低調なバルブエナや、3年半の代表ブランクはあったが今季ニースで大活躍中のベン・アルファらが加わるかどうか、と言ったところ。

 関心事ナンバー1ともいえるベンゼマについては、「ノエル・ル・グラエ会長(FFF)次第」とデシャンは答えている。

「ベンゼマを招集したい」という言明を誘い出そうとするインタビュアーの誘導質問をうまくかわして、

「わたしの使命は最強のメンバーでフランス代表を構成すること。そのために必要な選手は確実に手に入れたい」と答えた。おそらくデシャン監督は、ベンゼマの謹慎処分を解くようル・グラエ会長を説得しているのだろう。

 予選でも大会でも、ビッグマッチではあまり得点のないベンゼマではあるが、「ビルドアップへの貢献度が絶大」とデシャン監督は彼を高く評価している。「素質もなく、数々の名監督のもと、レアル・マドリーのようなクラブで5年間もプレーできるはずはない」と。

 ベンゼマ出場の可能性は、確率的にはまだなんとも言えないが、ゼロでもないということだ。

1 2 3 4

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top