セビージャは勝利逃すも突破 逆転負けのウィガンは3位転落
セビージャは勝利逃すも突破 逆転負けのウィガンは3位転落【写真:goal.com】

28日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節が各地で開催された。

グループBでは、名門PSVが危機に瀕している。すでにグループ突破を決めているルドゴレツと敵地で対戦したPSVは、0ー2で敗れた。一方で、勝ち点3差の3位につけていたチョルノモレツ・オデーサがディナモ・ザグレブに2ー1で勝利。PSVとチョルノモレツが勝ち点7で並んで最終節を迎えることになっている。グループステージ最終節は、PSVとチョルノモレツの直接対決だ。

グループD首位のルビン・カザンは、マリボルとのホームゲームを1ー1で終えて、首位通過を確定させている。2位を争うウィガンとズルテ・ワレヘムの一戦は、2ー1でアウェーのズルテ・ワレヘムが逆転勝利。順位でもウィガンを抜いて2位に浮上した。

グループEでは、4戦4勝でグループ突破を決めているフィオレンティーナが、アウェーでパソス・フェレイラと0ー0で引き分けた。2位につけるドニプロはパンドゥリに4ー1と快勝し、フィオレンティーナとの勝ち点差を1としている。最終節では、首位通過をかけて上位2チームが対戦予定だ。

グループGは、首位のゲンクが勝ち点1差で2位だったディナモ・キエフに3ー1で勝利して突破決定。ラピド・ウィーン対トゥーンは2ー1でホームのラピド・ウィーンが勝ち、2位争いへの挑戦権を手にした。

グループHのセビージャは、ホームでここまで白星のないエストリルと1ー1で引き分けた。終盤に追いつかれたセビージャは、白星を逃して首位決定とはならなかったが、2位以内を確定させている。3位フライブルクはアウェーで2位のスロバン・リベレツに2ー1で勝利した。この結果、スロバン・リベレツとフライブルクが勝ち点6で並び、残り1枠を争うことになっている。

グループLでは、勝ち点8で並んでいたPAOKとAZがそれぞれ勝利を収めて勝ち点を11に伸ばしている。首位を争う2チームは最終節で対戦予定。

Goal.com

新着記事

↑top