Win-Winだった岡崎の獲得。抜群のコスパを誇るマインツの躍進に見る、お金がなくても強いチームの秘密

安定した経営で興隆を極めるブンデスリーガ。圧倒的な資金力を誇るバイエルンが独走状態だが、コストパフォーマンスの面を見ると“陰の王者”が存在する。巧みな経営、マネジメントで健闘するクラブの秘密に迫る。

2014年04月28日(Mon)11時05分配信

text by 木崎伸也 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

【サッカー批評issue67】掲載

育成型の小クラブが見せた大躍進

Win-Winだった岡崎の獲得。抜群のコスパを誇るマインツの躍進に見る、お金がなくても強いチームの秘密
■2012/13シーズンブンデスリーガ人件費ランキング
※勝ち点1あたりの人件費は選手人件費÷総勝ち点で計算。
※金額はすべてミリオンユーロ。例:1ミリオンユーロ=約1億円

 ブンデスリーガは世界中で最もマネーの管理に厳しいサッカーリーグである。毎年、1部から3部までの全クラブに財務報告を義務づけ、基準を満たさないクラブがあれば、ライセンスを剥奪して強制降格させることも辞さない。

 2005年に強制降格の危機に立たされたのが、120ミリオンユーロ(約168億円)の負債が発覚したドルトムントだ。ドルトムントはすぐさま経営陣を刷新して「再建プラン」を練り出し、そこから奇跡のV字回復を果たした。

 マネーにうるさいリーグだけに、ブンデスリーガでは各クラブの「選手人件費」が公開されている。

 昨季の人件費はバイエルンが125ミリオンユーロ(約175億円)とダントツで高く、2位にフォルクスワーゲンを親会社に持つボルフスブルク、3位と4位にカリスマ的な人気を誇るルール地方のシャルケとドルトムント、5位にバイエル製薬を親会社に持つレバークーゼンが続く。

 さて、ここからはあえて金額を円換算せず、ミリオンユーロ(Mユーロ)のみで表記することにする。為替変動による誤差はあるが、1Mユーロ=1億円と概算すれば桁を間違うことはなく、金額を感覚的に掴むのに便利だからだ。たとえば10Mユーロだったら「10億円くらい」と考えればいい。

「お金がなくても強いチーム」を浮き彫りにするために、各クラブのコストパフォーマンスを算出してみよう。具体的には(選手人件費)÷(総勝ち点)という計算式で、「勝ち点1を獲得するのに要した人件費」を出してみた。数字が小さいほど、安い選手たちが健闘したというイメージだ。

 昨季、この数字がずば抜けて良かったのが、5位に大躍進したフライブルクである。

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top