「未来を見通すことができる」。引退後、代理人に転身したジウマール。元ブラジル代表GKが語るクラッキの条件

2014年05月26日(月)14時57分配信

text by 田崎健太 photo Sachiyuki Nishiyama , Asuka Kudo / Football Channel
タグ: , , , , , , , , ,

代理人を営むジウマール。元GKながら攻撃的な選手の発掘に定評

「未来を見通すことができる」。引退後、代理人に転身したジウマール。元ブラジル代表GKが語るクラッキの条件
ジウマール・ルイス・リナルジ【写真:Sachiyuki Nishiyama】

 そんな中、指導者からの誘いを貰いながら敢えて別の道を選ぶ人間もいる。それが元ブラジル代表のゴールキーパー、ジウマール・ルイス・リナルジである。

 ジウマールは59年1月に、ブラジル南部のリオ・グランジ・ド・スール州で生まれた。彼のキャリアの始まりは地元の名門クラブ、インテルナシオナルだった。

 元ブラジル代表監督のドゥンガはジウマールよりも3つ年下に当たり、83、4年の2シーズン、同じインテルに所属している。

 ジウマールは、インテルからサンパウロFC、フラメンゴを経て、95年から4年間、セレッソ大阪でプレーした。ブラジル代表として、94年アメリカ大会の登録メンバーに入っている。ただし、このときは正ゴールキーパーにタファレルがおり、W杯出場記録はない。

 現役引退後、彼は代理人となった。代理人としての名が世界中に知られるようになったのは、元ブラジル代表のアドリアーノを担当してからだ。アドリアーノの他、日本でプレーした、ワシントン(元ヴェルディ、浦和)、ダニーロ(元鹿島)なども彼の顧客である。

「あなたはゴールキーパーなのに、どうしていい攻撃的な選手を発掘することができるの?」と彼に訊ねたことがある。

「当然だよ。キーパーほどフォワードを観察している人間はいないんだ。攻撃的な選手の善し悪しを見抜くことは簡単さ」

 ジウマールは笑い飛ばした。

1 2 3

新着記事

↑top