ビジャ、ダフが加入したメルボルン・シティFC。開幕迫るAリーグに有力選手加入。例年にない混戦模様に

小野伸二が去ったオーストラリアAリーグ。日本人選手はゼロとなったものの、メルボルン・シティFCにはダビド・ビジャやダミダン・ダフが加入。現地のサッカーファンにとって楽しみなシーズンとなりそうだ。

2014年08月24日(Sun)11時00分配信

text by 植松久隆 photo Taka Uematsu , Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

小野伸二の退団で日本人ゼロ。豪州挑戦には英語力が必須

20140824_ono_uematsu
その技術だけでは無く、コミュニケーション能力も高く評価された小野伸二【写真:Taka Uematsu】

 小野伸二が去ったことで、Aリーグでプレーする日本人選手がついにゼロになった。日本人選手の有無はAリーグへの関心に直結するだけに、次なる日本人選手の出現を期待していた。しかし、各クラブの来季に向けての補強や編制が着々と進む中で、新しい日本人選手獲得の報せはついに聞こえてこなかった。

 日本からの売り込みに関しては、幾つか水面下の動きがあるやの情報は掴んでいた。

 小野が所属していたウェスタンシドニー・ワンダラーズ(WSW)に、現地の下部リーグ(NSW州1部、豪州2部相当)でプレーする日本人選手が複数名、練習参加したのも聞いていた。しかし、そのいずれも具体的な話には発展しなかったようだ。

 小野の成功によって、日本人選手に求められる素養のハードルは上がった。サッカー選手としての実績の如何に関わらず、チームに入って困らない意思疎通の可能なレベルのコミュニケーション能力(=英語力)は必須、なおかつ即戦力であることが要求される。

 もし、この原稿が現役で豪州挑戦を考える選手の目に届くのであれば、豪州でチャンスを探るのであれば「すぐにでも英語の勉強を始めるべし」と伝えたい。特別枠選手として請われて入団した小野伸二ですら、専属の通訳が付かなかった事実を忘れてはならない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top