清武、山田がMOMに選出! 独紙『キッカー』が週末の採点を掲載

2014年11月10日(月)17時22分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

清武、山田がMOMに選出! 独紙『キッカー』が週末の採点を掲載
1得点1アシストした清武弘嗣【写真:Getty Images】

 週末にブンデスリーガ1部の第11節、2部の第13節が行われた。10日発売のドイツ紙『キッカー』は、全試合の採点を掲載。日本人選手では、ハノーファーのMF清武弘嗣が1得点1アシスト、2部カールスルーエのMF山田大記が2得点でMOMに選出されている。

 主な日本人選手の採点は以下の通り。

<ブンデスリーガ1部>
MF清武弘嗣(2.0):先発し、87分まで出場。1ゴール、1アシストの大活躍でMOMに選出。「コーナーからのアシスト。必見の価値があるドリブルからの1点。常に中心となり、攻撃の起点となっていた」と、評されている。

DF酒井宏樹(3.5):先発フル出場。チームも完封勝利し、3連勝に貢献。チーム内評価は平均的。

MF細貝萌(5.0):先発フル出場もチームは連敗。チーム内評価は低め。

FW原口元気(4.5):久々の先発で74分まで出場。無得点でチームは敗戦。及第点の評価。

DF内田篤人(4.5):先発フル出場。CLに続く敗戦もチーム内では及第点。腕の具合が心配。

FW岡崎慎司(4.5):先発フル出場。無得点でチームはスコアレスドロー。

MF長谷部誠(5.0):先発し90分で交代。チームは王者相手に大敗し、最低点。

MF乾貴士(評価無し):ベンチ入りも出番なし。

FW大迫勇也(評価無し):ベンチ入りも、出場したのはアディショナルタイムのみ。

MF長澤和輝(評価無し):ベンチ入りせず。怪我の状態を確認するため、レギオナル・リーガ(4部相当)に出場。

DF酒井高徳(4.0):先発フル出場も2失点を喫しチームは敗戦。及第点の評価。

MF香川真司(3.5):先発し、73分まで出場。チームはようやくの勝利の中で最低点。

<ブンデスリーガ2部>
MF田坂祐介(4.0):先発フル出場し、1アシスト。チームは2-2で引き分け。評価は平均的。

MF山田大記(2.0):先発フル出場。今季二度目の1試合2ゴールでMOMに選出。「非常に攻撃的で流動的だった。その成果が2ゴール」と評されている。

※『キッカー』は「6」が最低点で「1」が最高点となっている。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

小・中学生時代の苦い経験と父の教えを胸に
フットボールサミット第13回 香川真司取扱説明書 KAGAWAの活きる道
本田圭佑と香川真司 日本代表の核となる二つの個性
サッカー好きほど知らない戦術の常識
ドイツが独自に試みる「個」へのアプローチ「ライフキネティック」理論とは何か?

新着記事

↑top