横浜FM新監督候補のアデレード指揮官、日本行きを否定「シーズン途中の移籍はない」

2014年11月24日(Mon)12時53分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

横浜FM新監督候補のアデレード指揮官、日本行きを否定「シーズン途中の移籍はない」
アデレードのジョゼップ・ゴンバウ監督【写真:Getty Images】

 今季限りで樋口靖洋監督退任が発表されている横浜F・マリノス。すでに来季に向けた監督人事に着手している。

 22日『ニューズ・コーポレーション』などオーストラリアのメディアでは、横浜FMがオーストラリア・Aリーグのアデレード・ユナイテッドを率いるスペイン人指揮官ジョゼップ・ゴンバウをリストアップしたと報道された。

 ゴンバウは2003年から2009年までバルセロナのユースアカデミーのコーチを務めた経歴を持ち、まだ38歳と若い。2013年にアデレードの監督に就任した。

 ゴンバウ監督本人も「私が(横浜FM新監督の)候補の一人であることは確かだ」と、この噂を認めたと報じられていた。

 しかし、23日になりゴンバウ監自ら日本への移籍を否定した。Aリーグの公式ウェブサイトなどで本人のコメントが伝えられている。

「私はここ(アデレード)で幸せだ。チームのプロジェクトを最初から最後までやり抜きたい。私はシーズン途中でチームを離れるような男ではない」と、アデレード残留の意思を明かした。

 Aリーグは10月にシーズンが始まったばかり。アデレードはここまで7試合を消化し5勝2分けと無敗。現在2位と好調な滑り出しを見せている。Aリーグのシーズンは来年4月まで続く。

 一方、これで横浜FMの監督人事に関してはこれでふりだしか。資本提携を結ぶマンチェスター・シティの協力を得ながら監督選びを進めるとの報道もされており、その動向に注目が集まる。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top