東アジア杯、未出場は6人。東口、六反、米倉、丹羽、水本、米本…中国戦先発メンバーを読む

中国・武漢で行われている東アジアカップ。ここまで1分け1敗の未勝利と苦しんでいる日本代表だが、テストの意味合いも強い今大会。2戦を終えて未出場の選手は6人となっている。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は最終戦となる開催国・中国戦へどのような11人を選択するのだろうか。

2015年08月09日(Sun)11時47分配信

text by 河治良幸 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

川島、西川との序列の逆転も不可能ではない東口

東アジア杯、未出場は6人。東口、六反、米倉、丹羽、水本、米本…中国戦先発メンバーを読む
前日練習を途中から非公開にしたヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

 1-2と敗れた北朝鮮戦から5人の先発メンバーを変更した韓国戦は1-1の引き分けに終わり、2試合で優勝の可能性が消えてしまった。ややぴりぴりした状態での調整が続くが、前日練習を途中から非公開にしたハリルホジッチ監督は「次も新しい選手が出る可能性はある」と語っており、勝利を目指す中にも新しいテストの要素は入れていきそうだ。

 ここまでの2試合で出場チャンスを与えられていないのはGKの東口順昭と六反勇治、DFの米倉恒貴、丹羽大輝、水本裕貴、MF米本拓司の6人。守備的なポジションの選手が残されており、状況を考えるとハリルホジッチ監督としても難しい部分はあるかもしれないが、可能な限り多くの選手をテストすることで、アジア予選に向けた選択肢を広げる作業をしていくべきだ。

 GKは2試合フル出場の西川周作が引き続き起用される可能性もあるが、東口もシュートの対応やフィードなど、GKの資質として遜色ないものがある。西川はここまで安定したパフォーマンスを見せているものの、ハイボールやクロスボールに対してゴール前に待って構える傾向が強く、前に出てパンチングするべき距離でステイし、結果的にCBの厳しい対応を強いた場面もあった。

 ゴール前の迫力を強く求めるハリルホジッチ監督だけに、そうしたシーンで東口が西川やクロス対応にやや難のある川島に無い迫力を出せれば序列の逆転も不可能ではない。

 その意味では188cmでハイボールに強い六反にもチャンスはあるのだが、練習ではボール捌きでスムーズさを欠く部分が目立っているのも確か。そうした点をハリルホジッチ監督やリカルドGKコーチがどこまでプライオリティに置いているかも重要だ。

1 2 3 4

新着記事

↑top