「酷い」イングランド戦にこそあるドイツの収穫。ついに解答を得た“クローゼ後の問題”

ブラジルW杯を制したのち、転換期を迎えているドイツ代表。フィリップ・ラームやミロスラフ・クローゼといった長くチームを支えてきたベテランが代表引退を表明。特にクローゼの後釜となるセンターFWが大きな課題となっていた。しかし、終盤の連続失点で衝撃的な逆転負けを喫したイングランド戦にはその問題を解決する答えがあった。(文:本田千尋)

2016年03月31日(Thu)11時24分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , ,

イタリア戦では攻守に機能

ヨアヒム・レーブ
ヨアヒム・レーブ監督が機を見ては取り組んできた3バックは一定の成果を示したと言えそうだ【写真:Getty Images】

 快勝の後で、トニ・クロースは「酷いイングランド代表との試合の後で、僕らは何が何でも勝つつもりだった」と口にした。

 2016年3月29日にミュンヘンでドイツ代表はイタリア代表とのテストマッチを4-1で勝利する。26日にはベルリンでイングランド代表に2-3で逆転負けを喫していた。気を引き締め直して、6月と間近に迫るEURO本大会に向けた重要な2連戦を、勝利で締めくくった。

 イタリア代表との試合でドイツ代表は、リュディガー、ムスタフィ、フンメルスの3バックに、クロースとエジルの2ボランチで臨む。ウイングバックのルディとヘクトルは積極的に高い位置を取り、前線のミュラー、ゲッツェ、ドラクスラーは連動して効果的な攻撃を見せた。

 83分にバイタルエリアのギャップでエル・シャーラウィに前を向かれて、ゴールを決められたが、試合を通して概ねディフェンスは安定した。2014年のブラジルでのW杯を終えて、代表監督ヨアヒム・レーブが機を見ては取り組んできた3バックは、イタリア代表戦で一定の成果を示したと言えそうだ。

 試合後にレーブは「我々は今日クレバーにプレーした。守備面でも攻撃面でも良かったね」と手応えを感じた。

 所属先のバイエルンでは不遇の日々を過ごしているゲッツェも、45分にミュラーからのボールを頭で合わせてゴールを決める。普段は試合から遠ざかっていることが嘘のように、ゲッツェは前線を広く動いて攻撃を活性化した。またレーブは「エジルとクロースは輝かしい仕事をした」と、機能した2ボランチを手放しで称賛している。

1 2 3 4

新着記事

↑top