90分あたり1失点を下回るキーパーも。J1・GK通算防御率トップ10【編集部フォーカス】

失点を減らすのはGKだけで完遂できる仕事ではない。だが、最後の砦である守護神がチームを救うというケースは珍しくない。今回は、Jリーグ通算で90分あたりの防御率がトップ10の選手たちを紹介する。(出場時間が5400分を超える選手に限る)

2016年09月06日(Tue)7時29分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

権田修一(10位)

FC東京で堅守の中心を担っていた権田
FC東京で堅守の中心を担っていた権田【写真:Getty Images】

[Jリーグ所属]
FC東京(2007年-2015年)

[出場試合数(分)/失点]
183試合(16,364分)/212失点

[90分あたり防御率]
1.17

 ここ数年は堅守が武器だったFC東京で正GKを務めた権田。同クラブの下部組織で育ち、2015年までJリーグでプレーした。2012年にはロンドン五輪でベスト4進出に貢献し、2014年ブラジルW杯には控えGKながらメンバー入りした。年齢的にもここから、というところでオーバートレーニング症候群を発症してしまう。

 そして、現在は本田圭佑が実質的なオーナーを務めるSVホルンに所属。ヨーロッパでの成功を期待し、再び日本代表に返り咲く日もくるはずだ。

【次ページ】林彰洋(9位)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top