岡田Jが土壇場の方向転換で得たW杯16強。弱点の露呈。成果を問えなかった「日本化」【西部の4-4-2戦術アナライズ】

2016年10月13日(Thu)10時19分配信

シリーズ:西部の4-4-2戦術アナライズ
text by 西部謙司 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

生命線だったポゼッションとハイプレス

南アW杯本大会直前まで日本の攻撃で中心的役割を担った中村俊輔
南アW杯本大会直前まで日本の攻撃で中心的役割を担った中村俊輔【写真:Getty Images】

 日本の攻撃は、右サイドハーフの中村が中央へ移動して「間受け」を担当、空けた右サイドにSB内田篤人が進出する。そのまま右から崩す、あるいは中村経由で逆サイドへ展開するなど、中村と内田のラインが攻撃を作り出していた。

 ところが、この攻撃がカットされると内田の背後には大きなスペースが空いている。そこをカバーするCBの2人(中澤佑二、田中マルクス闘莉王)にはスピードが欠けていた。ハイプレスですぐに奪い返せれば問題は回避できるが、遠藤と長谷部誠のボランチコンビも守備のスペシャリストではなく、カウンターアタックに弱い編成だった。

 つまり、日本の戦術はポゼッションとハイプレスが生命線であり、ポゼッションに見合った得点を期待できるかぎりは有効だったのだが、ポゼッションが低下して押し込めなくなり、押し込めないことでハイプレスが効かなくなると、カウンターに弱いという短所だけが残ってしまう。「日本化」の成果をワールドカップで問うはずだったが、それをやる意味すらなくなっていた。

1 2 3 4

新着記事

↑top