まさかの逆転喫した川崎F。足りなかった意思統一。CSこそ「風間体制」集大成披露を

2016年11月04日(Fri)11時20分配信

text by 舩木渉 photo Asuka Kudo/ Football Channel
Tags: , , , , , ,

最悪だった2点目の奪われ方

 そして2点目の奪われ方が最悪だった。最初の失点から1分後、リスタートの直後に、スタジアムの大型スクリーンに前のゴールのリプレイが流れるよりも先にゴールネットが揺れた。「ちょっとみんなの顔が下がっていた感じがあった」(谷口)ところから立て直す前に追いつかれてしまった。

「もうちょっと時間が経てば『これは2-0で終わろう』と全員がなったと思う。非常に難しいところで、決めていればよかったという話。しかも決められても2-1なので。2-2になるまでは1分しかなかった。取られ方も非常に悪かったですし、チームでも個々でも(どうすべきか)判断できるところではあると思う。これは結果論だから。3点目を決めていれば話は全然違った」と中村は2失点した1分間の難しさを分析する。

 やはり後半も前半の勢いを継続して、早い時間に3点目を決めてしまうべきだった。守備陣だけを責めるべきではないが、選手それぞれの頭の中に2点リードをいかにキープするかという考えが少しでも浮かんでしまったことが最悪の失点につながってしまった。

 川崎Fは守備的なチームではなく、「攻撃をし続けることでゴールを守るチーム」であることを忘れてはならない。主導権を握り続けることで相手を制する。チャンピオンシップ(CS)に向けて必要以上に守備の課題を意識するよりは、いつも通りの戦い方で90分間戦うことを突き詰めていくべきだろう。

【次ページ】風間体制の集大成へ

1 2 3 4 5

新着記事

↑top