まさかの逆転喫した川崎F。足りなかった意思統一。CSこそ「風間体制」集大成披露を

11月3日、明治安田生命J1リーグ2ndステージ最終節が各地で行われた。試合開始前の時点で首位・浦和レッズを年間勝ち点で「1」下回っていた川崎フロンターレ。ガンバ大阪をホームに迎え、前半は今季最高とも言えそうなパフォーマンスを見せた。だが、2点リードからまさかの逆転を許し、年間勝ち点1位の座は逃してしまった。等々力のピッチでは、何が起きていたのだろうか。(取材・文:舩木渉)

2016年11月04日(Fri)11時20分配信

text by 舩木渉 photo Asuka Kudo/ Football Channel
Tags: , , , , , ,

「あっちゃいけないこと」(中村憲剛)

中村憲剛
川崎フロンターレのMF中村憲剛【写真:工藤明日香 / フットボールチャンネル】

「月並みですけど、本当に悔しいです。あれだけ自分たちのサッカーをやれて、チャンスもいっぱい作れて、そこからまくられるというのは……まだ試合が終わってそんなに経っていないので整理はついていないですけど、あっちゃいけないことだということだけはわかっています」

 中村憲剛のこの言葉が全てを物語っているような試合だった。3日に行われた明治安田生命J1リーグ2ndステージ最終節、川崎フロンターレはガンバ大阪相手に前半2-0と先行しながら後半まさかの3失点。2-3で敗れてステージ優勝を逃した。

 前半は最近2試合とは全く違い、川崎Fらしさが全開の45分間だった。全員の距離感が素晴らしく、早いテンポのパス回しと流れるようなコンビネーションでG大阪を圧倒。相手にほとんど何もさせず、長谷川竜也と三好康児という若い2人がゴールを奪って誰もが川崎Fの勝利を疑わなかった。

「久しぶりにうちらしい戦い方が出来た」と中村が振り返る通り、他の選手たちも皆前半のパフォーマンスには満足していた。谷口彰悟も「立ち上がりから『先手先手をとるぞ』という意気込みで試合に入りましたし、特に若い2人がどんどん勢いを持って前に推進力を出してくれた。結果点も取りましたし、前半は本当に素晴らしい試合をしていた」と語る。

 問題は後半だった。序盤からG大阪が徐々にペースをつかみ始める。川崎Fは前半までうまく使えていたスペースを活用できなくなり、逆に守備陣の間をうまく突かれてチャンスを作られるようになった。そして65分と66分、立て続けに失点してしまう。わずか1分間、ここが勝負の分かれ目だった。

 同点に追いつかれた後からG大阪に主導権を握られると、最後はアデミウソンに見事なシュートを決められて3失点目。川崎Fは交代で入った選手たちもうまく機能せず、失った流れを取り戻せないまま敗れてしまった。

 川崎Fはリーグ戦では一度も連敗をせず、勝ち点72を積み上げながら年間2位に終わった。1stでも2ndでもステージ優勝争いに絡みながら、あと一歩のところで両方とも獲り逃してしまった。結果だけを見れば1年を通して安定していたと言えるが、高いレベルで波があったのも事実だ。

1 2 3 4 5

新着記事

FChan TV

↑top