C大阪、PO昇格組の不吉な“ジンクス”破るために。札幌戦を試金石に飛躍のキッカケ掴めるか

セレッソ大阪は11日の明治安田生命J1リーグ第3節で、コンサドーレ札幌と対戦する。この試合は単に昇格組同士の今季初勝利を目指す戦いとしてだけでなく、C大阪にとっては“呪い”を解くための戦いとしての意味も持つ。プレーオフ経由で昇格を果たした過去4チームは全て、翌シーズンのJ1を最下位で終えている。そのジンクスを打ち破るためにJ屈指のスター軍団はいかに戦えばよいのだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル)

2017年03月10日(Fri)10時08分配信

text by ショーン・キャロル photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

過去のプレーオフ昇格組は全て翌年のJ1最下位

セレッソ大阪
セレッソ大阪は11日にコンサドーレ札幌と対戦する【写真:Getty Images for DAZN】

 J1の新シーズンが始まってまだ2節を終えたところだが、土曜日(11日)の北海道コンサドーレ札幌対セレッソ大阪は、昇格組である両チームにとって極めて重要な一戦となる。

 昨年のJ2王者も、プレーオフからの昇格チームも、2017年の最初の2試合を戦ってまだ白星を挙げることはできていない。今週末の試合に勝って勢いをつけていくことが必要な状況だ。

 札幌はベガルタ仙台に0-1、横浜F・マリノスに0-3と、ゴールを奪えず連敗を喫している。C大阪もジュビロ磐田と0-0で引き分けて勝ち点1を獲得しただけであり、浦和レッズには1-3で敗れる結果に終わっている。

 札幌が久々のトップリーグで苦戦することは予想されていたが、C大阪のスロースタートはやや驚きでもある。プレーオフ昇格チームの”呪い”から逃れるため、一刻も早く流れを変えたいと望んでいるはずだ。

 C大阪の陣容を考えると、1年でJ2に逆戻りしてしまう結果になったとすれば予想外だと言える。現日本代表の山口蛍や、つい最近まで代表でプレーしていた柿谷曜一朗らを擁していたところに、新シーズン開幕直前には清武弘嗣まで戻ってきた。サムライブルーにおいて、ヴァヒッド・ハリルホジッチ監督のファーストチョイスという立場を固めてきた選手だ。

 だが札幌に敗れてしまうようなら、C大阪も過去の不吉な例に仲間入りすることになってしまう。

 プレーオフ経由で昇格を果たした過去4チームは全て、翌シーズンのJ1を最下位で終える結果となっている。開幕から3試合目までに白星を挙げることができたのも、2015年のモンテディオ山形が唯一の例だ。

1 2 3

Recommended by

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top