ベルギー黄金時代のカギ握るカウンター無双のCF。ロメル・ルカク、モンスター級の破壊力【西部の目】

2017年11月13日(Mon)11時16分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

堅守速攻のマンUか、それとも華麗なるナポリか

今季から加入したマンチェスター・ユナイテッドでも強烈な存在感を放っているルカク
今季から加入したマンチェスター・ユナイテッドでも強烈な存在感を放っているルカク【写真:Getty Images】

 闘将からチームを引き継いだロベルト・マルチネス監督には、赤い悪魔を同じニックネームのマンチェスター・ユナイテッドにするか、それともヨーロッパで最も美しいプレーをするナポリにするかの選択がある。ナポリにするならCFはルカクではない、メルテンスで決まりだ。メルテンスは狭い地域をパスワークで破るにはうってつけのFWである。

 もしマンUで行くなら当然ルカクがエースだ。今季のマンUはルカクのためのチームといっていい。ルカクを生かすカウンターを軸とした堅守速攻。守備が強くなければ話にならず、カウンター連発で間延びが予想される中盤を埋めるために、ネマニャ・マティッチを獲得した。

 相手に引かれたときにはヘンリク・ムヒタリアンやフアン・マタがクリエイティブ部門を担当、それでダメならドリブラー投入、さらにベルギー同様のフェライニ投入。ジョゼ・モウリーニョ監督らしい重層的な戦術構成になっている。それもこれもルカクありきだ。

 ベルギー代表はたぶんマンU型だと思う。ルカクの控えにはミッチー・バチュアイ、ディヴォク・オリジと似たタイプがいる一方、メルテンスのバックアップが見当たらない。遅攻がそもそも不発だったのはアザール、ナセル・シャドリ、ケビン・ミララス、アドナン・ヤヌザイなどドリブラーばかりでパサーが少なかったという事情もある。守備強化のために監督とひと悶着あったナインゴランを定着させ、速攻がダメなときはデブライネと協調できるクリエイターの投入で格好はつきそうだ。

 いずれにしても多士済々、興味津々のベルギーでルカクはカギを握る存在といえる。

(文:西部謙司)

【了】


★W杯予選まとめはこちら★

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top