日韓戦、直近5試合を振り返る。日本は2010年以降負けなし継続中【編集部フォーカス】

これまで数多くの死闘を演じてきた日本と韓国。16日にはE-1選手権最終戦で激突することになるが、今回はどのような試合になるだろうか。東アジアのタイトルをかけた1戦を前に、両国が対戦した直近5試合を振り返る。

2017年12月15日(Fri)7時19分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ザック体制下で初の海外遠征。南アW杯後初の日韓戦

日韓戦
2010年10月の試合はスコアレスドローに終わった【写真:Getty Images】

国際親善試合(2010年10月12日)
【試合結果】
韓国 0-0 日本

【得点者】
なし

 南アフリカW杯後、初の日韓戦はスコアレスドローに終わった。この試合は韓国のソウルで行われ、アルベルト・ザッケローニ監督体制で初めての海外遠征だった。得点こそ奪えなかったが相手ゴールに迫る形を見せている。

 W杯で1トップとして獅子奮迅の働きを見せた本田圭佑はトップ下として出場。ブラジルW杯まで続くザック体制では、本田がこのポジションでどれだけ輝くかが生命線となった。

 この年の2月と5月に日本は韓国に連敗しているが、敵地での引き分け以降、日本は“永遠のライバル”に対し負けなしを続けることになる。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top