“ハリルの呪縛”に縛られた選手たち。歴史的惨敗の原因、後味の悪さだけが残った日韓戦

日本代表が歴史的惨敗を喫した。引き分け以上で2大会ぶり2度目の優勝が決まった、16日の韓国代表とのEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会最終戦で、開始早々にPKで先制しながら守備陣が崩壊。ホームにおける韓国戦では実に63年ぶりとなる4失点を喫し、スタンドから痛烈なブーイングを浴びた。来年のワールドカップ・ロシア大会へ向けた、国内組の最後のオーディションと位置づけられた大会の最後になって、攻守に著しく精彩を欠いた原因を追った。(取材・文:藤江直人)

2017年12月18日(Mon)15時12分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

1979年以来の韓国戦4失点。“熱さ”も伝わらない惨敗

ヴァイッド・ハリルホジッチ
日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

 味の素スタジアムのピッチに立つ、青いユニフォームの選手たちから。そして、日本のベンチで采配を振るうヴァイッド・ハリルホジッチ監督から。試合終了を告げるホイッスルが夜空に虚しく鳴り響くまで、なぜか“熱さ”が伝わってくることはなかった。

 韓国代表と対峙した16日のEAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会最終戦。引き分けでも2大会ぶり2度目の優勝を手にできた日本代表は、開始早々の3分にFW小林悠(川崎フロンターレ)がPKを決めて先制しながら、直後から韓国に主導権を握られ続ける。

 前半だけで3連続失点。後半にも1ゴールを加えられるなど守備網が崩壊し、攻撃陣も小林のPK以降は沈黙。放ったシュートはわずか5本と、ホームで戦うアドバンテージを生かすことなく、16本を見舞った韓国の3分の1以下に終わった。

 韓国相手に4失点以上を喫した敗戦は、1979年6月にソウルで開催された日韓定期戦以来となる。これがホームとなると、明治神宮競技場で初めて顔を合わせ、1‐5で敗れた1954年3月のワールドカップ・スイス大会予選まで、実に63年もさかのぼらなければいけない。

 直近では2勝3分けと、2010年5月の喫した黒星を最後に5戦連続で不敗を続けていた隣国のライバルに喫した歴史的な惨敗。70分から投入され、小林と並ぶチーム最多の2本のシュートを放ったFW川又堅碁(ジュビロ磐田)が残した言葉が、端的に理由を物語っていた。

「やっぱりピッチ内の温度というものが、もっと高くないといけない。こぼれ球などもメンタルが強いほうにいくと、僕たちサッカー選手は小学生のころから教えられてきた。気持ちというか、そういうベースのところで完敗したと思います」

1 2 3 4 5

新着記事

↑top