浦和・山田直輝を救った湘南・曹監督の“治療“。一皮むけた元日本代表MFの決意

産声をあげてから25年になるJリーグが、23日のサガン鳥栖対ヴィッセル神戸(ベストアメニティスタジアム)で幕を開ける。J1で注目される選手の一人が、期限付き移籍していた湘南ベルマーレから4年ぶりに浦和レッズへ復帰したMF山田直輝(27)となる。18歳にして日本代表に選出された当時の輝きを取り戻し、メンタル的にも成長したベルマーレでの3年間は、さまざまな治療をほどこした曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(49)と真正面から向き合ってきた濃密な日々でもあった。(取材・文:藤江直人)

2018年02月23日(Fri)10時19分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

湘南でプレーするなかでおとずれた変化

曹貴裁(左)が率いる湘南ベルマーレで3年間プレーした山田直輝(右)
曹貴裁(左)が率いる湘南ベルマーレで3年間プレーした山田直輝(右)【写真:松岡健三郎】

 あと数ヶ月もすれば、否が応でも決断を下さなければいけない。心技体のすべてが充実していたからこそ、できることなら時間が止まってほしいと、山田直輝は心のなかで念じていたかもしれない。

 湘南ベルマーレが負けなしの状況に入り、J2戦線の首位を快走していた昨夏のある日。ピッチのうえで群を抜く存在感を放ち始めていた「8番」は、何度も「いま」と繰り返した。

「いまいる環境で、自分のサッカーをすべて出すことしか考えていない。来年のことはもちろん、1ヶ月先も1日先も僕にもどうなるかわからない状況で、いまはサッカーをしているので。いまを生きることにフォーカスしているというか、これだけいまを生きることに夢中になっているのは初めてです」

 浦和レッズから期限付き移籍で加入したのが2015シーズン。自らの強い希望で2度に及ぶ延長をへて迎えた、山田にとっては初体験となるJ2を戦った昨シーズンの後半になって変化が生じてきた。

 ベルマーレを率いる曹貴裁(チョウ・キジェ)監督も、20日に発売された新刊『育成主義 選手を育てて結果を出すプロサッカー監督の行動哲学』(株式会社カンゼン刊)のなかでこう綴っている。

<見た目にはっきりと山田が変わってきたのは、昨シーズンの夏場を前にしたころだった。ピッチのうえでまったく足を止めない。消えてしまう時間帯がほとんどなくなり、いたるところに絶えず顔を出し、1試合の総走行距離も多いときで13キロ近くに達するようになった。

 治療の効果がようやく出てきたと、思わずにはいられなかった。ゴールをいくつ取ったとか、アシストをいくつ決めたという問題ではない。とにかく走るようになったし、守備で生じるスペースを誰よりも先に埋めようと、ディフェンスでも率先して頑張るようになった。

 しかも、自分が評価されるためではなく、チームのために走っている、という献身的な思いがベンチにもひしひしと伝わってきた。そのほうがはるかに楽しいことに、ようやく気がついたと言っていい>

 曹監督はユニークな言葉で、19歳になる直前で日本代表デビューを果たした山田の性格を表現したことがある。曰く「相槌を打たない男」と。いい意味では自分の意見やスタイルを貫き通す頑固者となるし、悪い意味では自分勝手となる。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top