C大阪、敵地タイで手痛い敗戦…メンバー総入れ替えで臨んで0-2

2018年03月06日(Tue)21時55分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

セレッソ大阪
セレッソ大阪、タイのブリーラム・ユナイテッドに敗戦【写真:Getty Images】

【ブリーラム・ユナイテッド 2-0 セレッソ大阪 AFCチャンピオンズリーグ第3節】

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第3節の試合が6日に行われ、セレッソ大阪はアウェイでタイのブリーラム・ユナイテッドと対戦した。

 ここまで2試合で勝ち点4を獲得し、グループ首位に立っていたC大阪。酷暑のタイで行われるアウェイゲームではメンバーを大幅に入れ替え、先週末の国内リーグの試合とは11人全員が異なる顔ぶれとなった。

 だが前半2分、いきなり出鼻をくじかれてしまう。右CKを獲得したブリーラムがゴールに近い位置へのクロスを入れると、DFトゥニェスが飛び込んでヘディングでの先制点を奪った。

 23分には先発に抜擢された17歳FW山田寛人のシュートが相手GKの好守に阻まれるなど、チャンスはあったC大阪だがゴールならず。前半は1点ビハインドで折り返す。

 54分、次のゴールを奪ったのもブリーラムだった。左サイドからジャッカパンがクロスを入れ、FWエドガルがヘディングで合わせて2-0とした。

 76分にはブリーラムに退場者が出て数的優位に立ったC大阪だが、最後までゴールを奪うことはできずそのまま敗戦。来週行われる次節はホームにブリーラムを迎える。

【得点者】
2分 1-0 トゥニェス(ブリーラム)
54分 2-0 エドガル(ブリーラム)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top