3バックはあくまでオプション。西野監督「これでいくと選手には言っていない」

2018年05月30日(Wed)23時05分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , ,

西野朗監督
西野朗監督【写真:田中伸弥】

【日本 0-2 ガーナ キリンチャレンジカップ】

日本代表は30日、キリンチャレンジカップでガーナ代表と対戦し0-2で敗れた。

 試合後、この試合が初陣となった西野朗監督は「いろいろトライはできた」と述べた。確認したいことが多くあったと思われるが、「勝つ事が前提でのことだったので結果が出ず残念」と悔しさも浮かべた。

[3-4-2-1]にチャレンジした西野ジャパン。攻撃面では「狙い通りの部分もあった」と離し、「フィニシュの形が少なかったわけではない。サイドアタックと中央からのトライはいい形でできた」と手応えを口にした。守備に関しては「マークの受け渡し、スライド、そのギャップを突かれた」と反省。サイドチェンジへの対応で後手を踏み、守勢を強いられる時間があった。

 短い準備期間で3バックの布陣を導入し、原口元気の右WB起用など独自の色を打ち出した。しかし、結果は出なかった。ロシアワールドカップでもこのシステムは採用されるのか。「これからこの形で、というわけで考えていない」と西野監督。

「当然、ガーナ(の良さ)を消すということを考えれば3バックではなかったかもしれない。ただ、代表として局面を想定してトライしたいということだった。これでいくとは選手には言っていない」

 指揮官はこのように強調した。トライはできたが、成功体験を得ることはできなかった。コロンビア戦までの準備期間はさらに短くなったが、果たして西野ジャパンはどのように歩みを進めていくのだろうか。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

【了】

ハリル
ハリル氏「最悪の悪夢」。日本代表監督解任にショック隠せず
ヴァイッド・ハリルホジッチ日本代表前監督は27日、都内で記者会見を行った。
ハリル
ハリル氏、香川と本田に言及? W杯出場決めた豪州戦で出番なしに「2人の選手ががっかりしていた」
ロシアワールドカップ・アジア最終予選について語り始めたハリルホジッチ氏。オーストラリアに勝利し、本大会の出場権を獲得したハリルジャパン。この試合の後について同氏はこう話している。
ハリル
ハリル氏、槙野智章からのメッセージを明かす『JFAの決定に落胆』『コミュニケーションに問題なかった』
『選手たちとの信頼関係の薄れ』が解任の一因となったが、これについてハリルホジッチ氏は疑問を口にした。
ハリル
ハリルホジッチ解任記事まとめ
日本サッカー協会(JFA)は9日、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督解任を発表した。これを受け、報じられたハリル氏や選手の反応をまとめた。

 

新着記事

FChan TV

↑top