W杯ドイツ代表の週給ランキング。所属クラブからの報酬が最も多い選手は?

2018年06月08日(Fri)11時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

メスト・エジル
ドイツ代表のメスト・エジル【写真:Getty Images】

 現地時間7日に英メディア『サッカー・ラドゥマ』が「ロシアワールドカップに出場するドイツ代表の週給ランキング」を発表した。

 同メディアが公開したランキングは、ドイツ代表の選手が所属クラブから受け取っている週給を順位付けしたもの。最も多く週給を受け取っている選手は29歳のメスト・エジルで、アーセナルから週給30万ポンド(約4400万円)支払われているようだ。

 2位はレアル・マドリー所属のトニ・クロースで週給20万ポンド(約3000万円)。3位はドルトムントのマルコ・ロイスで週給16万ポンド(約2400万円)となっている。その他の「ロシアワールドカップに出場するドイツ代表の週給ランキング」は以下の通り。

【ロシアワールドカップに出場するドイツ代表の週給ランキング】
1位 (アーセナル)メスト・エジル、週給30万ポンド
2位 (レアル・マドリー)トニ・クロース、週給20万ポンド
3位 (ドルトムント)マルコ・ロイス、週給16万ポンド
4位 (バイエルン・ミュンヘン)トーマス・ミュラー、週給13万ポンド
4位 (バイエルン・ミュンヘン)マヌエル・ノイアー、週給13万ポンド
6位 (バイエルン・ミュンヘン)ジェローム・ボアテング、週給12万ポンド
6位 (マンチェスター・シティ)イルカイ・ギュンドアン、週給12万ポンド
8位 (バイエルン・ミュンヘン)マッツ・フンメルス、週給11万ポンド
9位 (パリ・サンジェルマン)ユリアン・ドラクスラー、週給10万ポンド
10位 (チェルシー)アントニオ・リュディガー、週給9万ポンド

【了】

★W杯予選まとめはこちら★

新着記事

↑top