F・トーレスと金崎夢生は“仲良し”になれるのか。鳥栖の浮沈を左右する強力2トップ誕生

Jリーグに楽しみな新ユニットが生まれた。サガン鳥栖のフェルナンド・トーレスと金崎夢生の2トップである。ともに今夏加入したストライカーは、降格圏に沈むクラブを救えるのだろうか。2人が初めてコンビを組んだ28日のジュビロ磐田戦のプレーから、今後の可能性を分析する。(文:舩木渉)

2018年07月29日(Sun)11時39分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

Jリーグに新たな強力コンビ誕生

フェルナンド・トーレス
フェルナンド・トーレスはサガン鳥栖で金崎夢生と2トップを組む【写真:Getty Images】

 この夏、アンドレス・イニエスタを獲得したヴィッセル神戸に並び、移籍市場を騒がせたのはサガン鳥栖だった。

 最終ラインの中心だったチョン・スンヒョンを鹿島アントラーズに引き抜かれたものの、その鹿島から金崎夢生を獲得。さらにアトレティコ・マドリー退団を表明していたフェルナンド・トーレスを迎え入れ、昨季までのエースストライカーだった豊田陽平も韓国から復帰した。

 J1第17節を終えて降格圏に沈む鳥栖は、前線のパワーアップで息を吹き返すのか。28日に行われたJ1第18節のジュビロ磐田戦では、さっそくF・トーレスと金崎の2トップが採用され、システムも彼らに合わせて変更された。

 2トップであることに変わりはないが、システムは従来の4-3-1-2から中盤をフラットに並べる4-4-2になった。チーム内に純粋なウィンガータイプの選手がいないこともあって、右サイドにはこれまでトップ下を務めることが多かった小野裕二が、左サイドにはセントラルMFタイプの福田晃斗が入った。

 F・トーレスと金崎の役割は、一見するとわかりやすい。ペナルティエリアの幅からあまり動かず、最前線でターゲットになるF・トーレスと、その周りを広く動き回る金崎という組み合わせである。ただ、彼らそれぞれの力を100%引き出すには時間がかかるかもしれない。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top