嗚呼、こんなマンUに誰がした!? 不遜なモウリーニョ…迷走続きの監督人事、先行きは《超不安》【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

マンチェスター・ユナイテッドが揺れている。ジョゼ・モウリーニョ監督を招聘した時点で予想できた結果ではあるが、このような状況に陥った要因はどこにあるのか? 選手は力を発揮できず、ライバルたちには差をつけられるばかり。世界屈指の名門は目を覚ますことができるのだろうか? (文:粕谷秀樹)

2018年10月09日(Tue)10時20分配信

シリーズ:粕谷秀樹のプレミア一刀両断
text by 粕谷秀樹 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

モウリーニョへの疑問視も…なにをいまさら?

マンチェスター・ユナイテッド
近年にはない絶望的な状況に陥っているマンチェスター・ユナイテッド【写真:Getty Images】

 ジョゼ・モウリーニョ監督に触れる前に、マンチェスター・ユナイテッド上層部の責任を問わなければならない。なぜ、このような状況に、近年にはない絶望的な状況に陥ったのか、真摯に考え、世界中のサポーターに対して説明する必要がある。

 サー・アレックス・ファーガソンが去った後、監督の人選は一貫性を欠いている。デイビッド・モイーズが「消去法」だったことはのちにファーガソン氏が明らかにし、ルイ・ファンハールはポゼッションに取りつかれていた。そしてモウリーニョは重心低めの守備型だ。

 いったい、どのようなフットボールを目指しているのか、皆目見当がつかない。しかもファーガソン退任後、詰めの甘さでジョゼップ・グアルディオラを取り逃がす失態まで演じている。

 また、モウリーニョの「気難しさ」を疑問視する上層部の声も漏れ伝わっているが、なにをいまさら、だ。彼が不遜で、なおかつ好戦的であることは、フットボールに携わっている者ならだれもが知っている。現場の混乱を招いたのはモウリーニョの性格だとしても、それは百も承知で監督に招聘したのではないのか。

 モイーズとファンハールを解雇した際も、周囲が納得する理由をユナイテッド上層部は発信していない。この先もグレイザー家とエドワード・ウッドワード(最高経営責任者)は、権力を利用して監督の首を挿げ替え続けるのだろうか。いっさいの責任を現場に押し付けて──。

1 2 3 4 5

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top