【英国人の視点】その雰囲気、世界最高。究極のアウェイで力を示した鹿島。色褪せることのないイランの記憶

鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制して初のアジア王者に輝いた。決勝2ndレグが行われたペルセポリスの本拠地アザディ・スタジアムは、熱気を帯びた最高の雰囲気だった。来日10年の英国人記者が現地からレポートを送る。(取材・文:ショーン・キャロル【イラン】)

2018年11月16日(Fri)8時00分配信

text by ショーン・キャロル photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

食中毒に襲われながらもスタジアムへ

鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズはアウェイの地・イランでクラブ史上初のACL制覇を成し遂げた【写真:Getty Images】

「お尻だよ」

 中年の看護師はそう言うと背を向け、私が正しく理解できるように自分の尻を掴んでみせた。

 そこまでしなければならなかった。今年のACLで14試合を追いかけ、不安の中でイランのビザ発給を待ち、5000マイル以上の長旅を経たあと、決勝を観戦するためにはさらに、折り悪く私を襲った食中毒の症状を緩和するため試合当日の朝に臀部に注射を打つことが必要となった。2本もだ。

 迷っている場合ではない。ベッドの上で体を転がし、やるべきことをやった。

 そして、実際のところその価値はあった。

 アザディ・スタジアムで試合を観戦した者なら誰でも、機会があれば一度は経験すべきことだと勧めてくるだろう。今の私も間違いなくその1人だ。

 1970年代に建設されたアザディ・スタジアムは、特別に綺麗というわけではない。テヘラン北西部の複合スポーツ施設群の中に建てられた巨大で埃っぽい円形競技場は、ペンキで塗装した方がもう少し見栄え良くなることは間違いないだろう。

 だがもちろん、最高のスポーツ会場というものはそれ自体が素晴らしいということは滅多になく、会場内のファンと彼らが生み出す雰囲気こそが最高であることがほとんどだ。その点でアザディ・スタジアムは、私が経験してきた中でも圧倒的に1位だった。

 鹿島アントラーズがペルセポリスと対戦する前日にグラウンドを訪れた時から、特別な何かを感じさせる兆しはあった。複合施設に至る堂々たる入場路には早くもサポーターが集まり始めていた。試合のためイラン全土から車で駆けつけた彼らは、ゲートが開かれるのを待ちつつ、歌ったり踊ったり、クラクションを鳴らしたり、莫大な量のピスタチオを消費したりしてその日の残り時間と夜を過ごすのだった。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top