これが真のハリル流。日本代表と真逆の物語を描くナント。デュエルで守備を固め、得点は倍増

2018年12月29日(Sat)11時00分配信

text by 小川由紀子 photo Getty Images
Tags: , , , ,

自らの居場所で意欲を見せるハリル

 なんだかどこかで見たような話だ。

 戦法は逆だけれど、日本代表でのストーリーによく似ている。このときハリル監督は、前任者の立場だったが…。

 31歳のベテランDFニコラ・パロワなど、ハリル監督が着任してから出場機会を得た選手も数人いて、チームは徐々にハリル色になってきている。

「(着任以来)たくさんのことに進歩が見られていると感じている。ゲームの内容もよくなってきた。今日のPSG戦のような試合では、守備面でも非常に興味深い成果を見せてくれた。ただ、まだまだ改善すべきことはたくさんある。そしてこのチームにはまだ多くの伸びしろがある。私はどの部分を改善していけば良いかを把握している。後半戦はもっと良くなっていくと期待している」

 と、指揮官は前向きに話した。

 ハリル監督が、また自分の居場所で、意欲的に采配を振るっていることをうれしく思う。

 W杯ロシア大会で、日本代表が決勝トーナメントに進出するという一定の目標をクリアしたことで、ハリル監督の話はすっかり聞かれなくなったが、彼を解任したことよりも、そのやり方は、代表監督を依頼した相手をリスペクトしたものではなかった。ハリル監督がショックを受けたのも、クビになったことではなく、クビの切られ方だった。

 まだ心の中にあるものすべてを払拭できたわけではないだろうが(心なしか、会見で筆者の質問に対する答えの時だけ声のトーンが違った気がした;)、今は、前を向いて新たな一歩を踏み出している。

 2005年にブーイングで追われたパルク・デ・プランスのファンに、温かい拍手で迎えられていたのは、なんとも印象的な光景だった。

(取材・文:小川由紀子)

【了】

1 2 3 4

新着記事

↑top