サウジアラビア戦で得た“気づき”。不発だった効果的なカウンター、必要な「精度」の中身とは?

日本代表は21日、AFCアジアカップ2019・決勝トーナメント1回戦でサウジアラビア代表と対戦し1-0で勝利した。しっかりとしたゲーム運びで準々決勝進出を手繰り寄せたが、カウンターの精度は今ひとつ。ただ、課題への“気づき”を得られた一戦でもあり、今後に繋げたいところだ。(取材・文:河治良幸【UAE】)

2019年01月23日(Wed)12時10分配信

text by 河治良幸 photo Shinya Tanaka , Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

サウジアラビアの弱点を突いて勝利

20190121_daihyo2_tnk
日本代表はサウジアラビアに1-0で勝利した【写真:田中伸弥】

 森保一監督が率いる日本代表は多くの時間帯でサウジアラビアにボールを持たれながら、前半20分にCKから冨安健洋があげた得点によるリードを粘り強く守りきり、準々決勝に進出した。

 サウジアラビアの洗練された組み立ての技術とクオリティが高いことは森保監督も日本代表の選手もスカウティングで認識していた。本来はもっとボールの主導権を握りながら高い位置でゲームを運びたかったようだが、想定内の状況の中で“サウジの弱点”と見られたCKから先制して、サイドの高い位置でボールを持たれても中央を締めるディフェンスで崩しの起点を限定し、手前からのシュートには体を張った。

 そうした意味ではうまくゲームを運んでつかんだ勝利ではあるが、ボランチでフル出場した柴崎岳が「アグレッシブに前から行くところは行きたかったですけど、1点取りましたし、ある程度保守的になってもしょうがないかなというところはあった」と語る。

 今後を見据えれば、こうした多角的にボールをつないで組み立ててくる相手にも、高い位置からのプレスではめることができれば理想的だ。臨機応変の戦い方ができることは森保監督が掲げるコンセプトの1つではあるが、基本スタイルから考えれば、高い位置からはめていけるに越したことはない。

【次ページ】柴崎岳が語った課題

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top