バルサの強さは磐石ではない? その理由は…リヨン粉砕で16強“は”通過も皆無ではない隙

2019年03月14日(Thu)11時45分配信

text by 青木務 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

バルサに隙はなかったか

 とはいえ90分間のうち、リヨンが優勢に見える時間はあった。バルサは2-0とした後も前に人数をかけ、中盤にスペースが生まれていた。リヨンがいい形で奪った際にはカウンターのチャンスとなり、バルサの守備陣に対応を強いている。1点を奪って気力を増加させたアウェイチームは、ウイングバックが高い位置を取り、前でボールが持てるようになった。

 数的同数、もしくは優位のカウンターを繰り出す場面も数回あった。バルサは戻りが遅れるシーンも見られた。バルサとしては手のひらで転がしているイメージだっただろう。事実、そこから盛り返してゴールラッシュで終わっている。それでも、隙を見せたと捉えることもできる。

 この日のバルサは試合巧者だったが、勝利という結果がついてきたからこそ。リヨンとは地力に差があった。しかし、準々決勝からはそうはいかないだろう。

 バルサは12シーズン連続のベスト8進出を果たした。偉大な成績であり強者であり続けるチーム作りはさすがだ。一方で、ここ3シーズンは準々決勝で足止めされている。昨季はローマと対戦。1stレグを4-1で勝利しながら、2ndレグでは0-3で敗れ涙を呑んだ。

 今季も問題は次から。隙を見せたら手痛いしっぺ返しを食らうだろう。果たして、準々決勝でバルサはどのような戦いを見せるか。3月15日の組み合わせ抽選会で次の相手が決まる。

(文:青木務)

【了】

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top