久保建英、“3階級飛び級”はあるか? 試合を動かす17歳の前に開きつつある日本代表の扉

2019年04月01日(Mon)10時50分配信

text by 下河原基弘 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

日本代表DFも絶賛

 久保ならばボールを運んでパスを出してくれる、そんな思いを感じずにはいられないエースの爆走だった。同じく逆サイドを長い距離走ってきた東にしても、「建英は能力もすごくあるが、今年にかける思いもキャンプから感じていた。本当に頼もしい選手」と開幕戦の川崎フロンターレ戦後に話していたように信頼を置く。昨年までで個人としてうまい、すごいというところまでは達していたが、今年は仲間を、チームを、そして試合をも動かす存在にまでなっていることを、まざまざと見せつけた。

 それを裏付けるのが、長谷川健太監督の言葉だ。「点を取ってこいと言ってシンプルに送り出しました。持っている選手なので、こういう大舞台で必ずや結果を残してくれるのではないか」と久保投入を振り返ったが、その内容は信頼以外のなにものでもないだろう。「こういう大舞台で『必ずや』結果を残してくれるのでは」とリアリストの指揮官をして、弱冠17歳にして言わしめる才能とは、どれほどのものなのだろう。そして実際、自身でゴールとまではいかなくても、きっちりスーパーなプレーで得点を生み出してしまった。

 この試合でもハイレベルなディフェンスで浦和守備陣をけん引した日本代表のDF槙野智章は、「久保選手が入ってから間で受けられる回数が多くなった。本当に素晴らしい選手。彼のポジショニングとボールの受け方は僕らDFには怖さがあった。僕はあまり対峙してないから分からないですけど、足は出しにくいと思うし、体の使い方もうまかった」と技術面を絶賛した。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top