久保建英、“3階級飛び級”はあるか? 試合を動かす17歳の前に開きつつある日本代表の扉

2019年04月01日(Mon)10時50分配信

text by 下河原基弘 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

久保本人は悔しさを隠さず

 さらに「あの年齢で、この雰囲気で、たくさんのメディアに書き立てられながら、しっかりプレーできているのはすごい」と精神面の強さにも舌を巻くと、「代表で一緒にできればいいと思うし、森保さんのやり方にもはまると思う。今の代表は若い選手がしっかり試合でチャンスをもらえる。是非、そういう上のレベルで見てみたいのはありますね」とA代表入りを“推薦”した。

 U-22日本代表遠征で、猛暑のミャンマーで3試合に出場して帰国。決して万全のコンディションではない中、普段の右サイドでなく2トップの一角として後半途中から登場し、結果を出した。

 長谷川監督は「展開としてサイドで使ってというよりは、前線で守備の負担を減らして、できるだけパワーを攻撃に使ってもらいたかった。球際で槙野なんかとぶつかってどっちに転ぶか分からないような展開だったり、青木とボールを取り合ったりという中で、しっかりと失わずに、彼が入ってだいぶ前線にタメができるようになった。素晴らしい、今日も仕事をしてくれたと思います」と久保の出来に目を細めた。

 森保一監督がA代表招集の可能性を示唆するなど、17歳の前には大きな扉が開きつつある。このハイパフォーマンスを続ければ、3階級飛び級も現実味を帯びてくる。「チームを勝利にもっていけなかったので、そこはあんまり評価できないです」と悔しそうに振り返った久保。慢心せず、ひたすら高みを目指して成長を続ける日本の宝は、次に何を成し遂げるのだろうか。

(取材・文:下河原基弘)

【了】

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top