1995年Jリーグ。中田英寿デビュー、ピクシー覚醒にレオ様の美技炸裂。ただブームに陰りも…【Jリーグ平成全史(3)】

1993年に開幕したJリーグは今季で27年目を迎えている。平成とともに歩み成長し、そして時代は間もなく令和へと移行する。フットボールチャンネル編集部では、昨季までの26年間を1年ずつ振り返っていく。今回は1995年(平成7年)。

2019年04月24日(Wed)7時00分配信

シリーズ:Jリーグ平成全史
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

1995年(平成7年)

190423_1_getty
山口素弘(写真左)、名波浩らが日本代表デビューを果たした【写真:Getty Images】

 セレッソ大阪と柏レイソルが新たに加わり、Jリーグは14クラブで争われることとなった。

●参加クラブ
鹿島アントラーズ
浦和レッドダイヤモンズ
ジェフユナイテッド市原
柏レイソル
ヴェルディ川崎
横浜マリノス
横浜フリューゲルス
ベルマーレ平塚
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパスエイト
ガンバ大阪
セレッソ大阪
サンフレッチェ広島

 ホーム&アウェイを2度行うレギュレーションは変わらず、この年は各クラブ計52試合を戦うこととなった。2019年現在は全34試合ということを考えると、52試合を戦った当時の選手たちに賛辞を送らずにはいられない。このシーズンから勝点を採用。「90分勝利」、「Vゴール勝利」、「PK戦勝利」に勝ち点3を、「PK戦敗北」には1ポイントが与えられた。

 日本代表は、前年末に就任した加茂周監督体制となった。同体制は1997年途中に終焉を迎えることになるのだが、選手選考を見ると1995年は重要な1年だったことがうかがえる。10番を背負う名波浩、中盤のバランサー・山口素弘、知的なサイドバック・相馬直樹、鉄壁のCB・秋田豊、ストライカー・城彰二といった面々がこの年に代表デビューを果たしている。悲願のワールドカップ初出場に向け、本格的に始動した年だったことがわかる。

【次ページ】主な出来事

1 2 3 4 5

新着記事

FChan TV

↑top