コパ・アメリカ採点全3試合、平均トップは? 日本代表のベストパフォーマンスはあの選手【どこよりも早い採点】

フットボールチャンネルでは日本代表戦の際【どこよりも早い採点】を行っているが、今回は選手たちの平均採点を紹介する。対象はコパ・アメリカ2019(南米選手権)の3試合。この大会で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2019年06月27日(Thu)8時00分配信

シリーズ:どこよりも早い採点
text by 編集部 photo Getty Images,Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

GK

川島永嗣
GKの中で最も平均採点が高かった川島永嗣【写真:Getty Images】

川島永嗣 平均6
ウルグアイ戦 6.5 2失点はいずれも仕方なし。後半立ち上がりにはカバーニの決定機を阻止するなど、さすがの安定感を保った
エクアドル戦 5.5 失点シーンは仕方ないものの、パスミスからピンチを招くなどドタバタしていた印象は否めない

大迫敬介 平均5.5
チリ戦 5.5 バックパスの処理を落ち着いて行えていたが、4失点。いずれのシュートも難しかったが、ほろ苦いデビュー戦に

小島亨介 出場機会なし

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top