マリノス遠藤渓太、「点を取れないよね」からの脱却。代表落選の悔しさ、今季初ゴールにこめられた万感の思い

明治安田生命J1リーグ第19節、横浜F・マリノス対浦和レッズが13日に行われ、ホームの横浜FMが3-1で勝利した。この試合に先発した遠藤渓太は38分、自身の今季公式戦初得点となる先制点を奪った。東京五輪世代としてこれまで年代別日本代表に名を連ねながら、先日のトゥーロン国際大会、コパ・アメリカ2019(南米選手権)では落選という悔しさを味わったアタッカーが漏らした思いとは。(取材・文:藤江直人)

2019年07月17日(Wed)11時00分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ノーゴールは「情けなかったし、苦しかった」

0717endokeita_getty
今季初得点をマークした遠藤渓太【写真:Getty Images】

 いろいろな声が耳に届いてきた。たとえば横浜F・マリノスのチームメイトたちは、下部組織から昇格して4年目になる東京五輪世代のホープ、21歳の遠藤渓太にこんな言葉をかけ続けた。

「いつゴールを決めるの」

 褒められた直後に物足りなさを指摘する声が、左ウイングで先発フル出場を積み重ね、プレー時間が増えていくにしたがって、ファン・サポーターの間で強まっていることもひしひしと感じていた。

「遠藤っていいけど、でも点を取れないよね」

 図星だった。数字を見れば、言い返すことができなかった。いつしか相手ゴール前でシュートチャンスを迎えるたびに、同じフレーズが自分の心のなかで繰り返されるようになった。

「力むな。力んだらダメだ」

 頭では理解していても、ボールをインパクトする刹那になると無意識のうちに力が入ってしまう。ゆえにシュートがゴールの枠をとらえられない。あるいは、相手キーパーの守備範囲へ飛んでしまう。そのたびに天を仰ぎ続けた胸中を、遠藤は神妙な表情を浮かべながら振り返っている。

「ここまで試合に出ながらノーゴールというのはすごく情けなかったし、苦しかった。それでも全部が全部、人生が思い通りにいくわけがないと思ったこともあります。いろいろな葛藤を抱えながらプレーしていたというか、正直、難しい時期をすごしてきました」

1 2 3 4 5 6

新着記事

FChan TV

↑top