来季J1開幕は史上最も早い2月21日に。東京五輪イヤーの開催日程発表

2019年12月16日(Mon)14時33分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

Jリーグ
来季Jリーグ各大会の開催方式を発表【写真:Getty Images】

 Jリーグは16日、2020シーズンのJ1、J2、J3各リーグおよびYBCルヴァンカップ、J1参入プレーオフ、FUJI XEROX SUPER CUP各大会の大会方式や試合方式、開催日程について発表を行った。

 FC今治の新規参入により19チームで構成されることになるJ3は、毎節1チームが試合無しとなる形でホーム&アウェイ方式による2回戦総当たりのリーグ戦を行う。その他の大会に関して開催方式の変更はないが、J1参入プレーオフ決定戦の試合方式は「調整中」とされている。

 2019シーズンのJ1王者である横浜F・マリノスと天皇杯優勝チームが対戦するFUJI XEROX SUPER CUPは来年2月8日土曜日に埼玉スタジアム2002で開催。シーズン最初の公式戦となる。

 J1リーグはその2週間後の2月21日金曜日に開幕する。2月最後の週末に開幕するのはここ数年と同じだが、過去最も早かった今季の2月22日より1日早く、Jリーグ史上最も早い開幕となる。夏季に開催される東京五輪期間中にはリーグ戦の中断が見込まれ、最終節となる第34節は12月5日に行われる。

 J2は2月23日に開幕し、11月22日までに全42節を開催。その後11月29日にJ1参入プレーオフ1回戦、12月6日に2回戦が行われる。J3は3月7日に開幕、12月13日に最終節。ルヴァンカップは2月16日にグループステージが開幕し、決勝は10月24日に開催される。

【了】

新着記事

↑top