柏レイソル、Jリーグ最高レベルの守護神争いの行方は? J1復帰で実力者を大量獲得【2020年J1補強診断】

2020年のJリーグが開幕する。新シーズンに向けJ1各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、昨季圧倒的な攻撃力でJ2を制しJ1昇格を果たした柏レイソルを取り上げる。

2020年02月05日(Wed)10時10分配信

シリーズ:2020年Jリーグ補強診断
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

守護神争いはJリーグ史上屈指のハイレベル

柏レイソル
【写真:Getty Images】

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 昨季のJ2最終節、柏レイソルは13-1というJリーグ記録の大勝で京都サンガF.C.を粉砕してシーズンを締めくくった。ネルシーニョ監督に率いられたチームは圧倒的な攻撃力を武器にJ2を制し、2年ぶりのJ1に挑む。

 その試合で驚異の8得点を挙げた、昨季J2得点ランキング2位のオルンガが残留。このニュースに恐れおののいた他クラブのファンは多かったのではないだろうか。

 もう1つ、今季の柏の大きな見どころは正守護神争いになるだろう。日本代表GK中村航輔が残留し、さらに昨季途中までヴィッセル神戸でプレーしていた韓国代表GKキム・スンギュが蔚山現代FCから加入したのである。

 日韓の代表でもレギュラーを狙える2人によるポジション争いは、Jリーグはおろかアジアでも最高レベルだ。どちらがシーズン通してゴールマウスに立つことになるのか、注目せざるを得ない。

 また他のポジションにも続々と実力者たちを補強している。J2屈指のウィングバックとして鳴らしたDF北爪健吾が横浜FCから、昨季J2で22得点を挙げた生粋のストライカー呉屋大翔も加わった。ファジアーノ岡山の攻撃をけん引してJ2で15得点を記録したMF仲間隼斗は、アカデミー時代を過ごした柏に帰還している。

 サガン鳥栖からはDF三丸拡とDF高橋祐治というレギュラークラス2人を引き抜き、圧倒的な運動量でアルビレックス新潟を支えたMF戸嶋祥郎も獲得。ジュビロ磐田から加入したDF大南拓磨や愛媛FCへの期限付き移籍でたくましさを増したMF神谷優太もレギュラー争いに割って入れるポテンシャルを持った、東京五輪世代のタレントだ。

 Jリーグを熟知し、J1優勝経験もあるネルシーニョ監督は多士済々のチームをどう料理するか。長く柏のエースに君臨してきたクリスティアーノ、圧巻のフィジカルと得点力を誇示するオルンガ、期限付き移籍から完全移籍に切り替わったMFマテウス・サヴィオ、中盤のフィルター役として絶大な存在感を放つMF日シャルジソンといった外国籍選手たちを中心に据えながら、日本人選手をどう組み合わせていくか興味は尽きない。

【次ページ】補強・総合力診断

1 2

新着記事

↑top