王者マリノスが黒星スタート。前半2発のガンバ大阪が逃げ切って開幕戦制す

2020年02月23日(Sun)15時59分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , ,

ガンバ大阪
【写真:田中伸弥】

【横浜F・マリノス 1-2 ガンバ大阪 J1第1節】

 明治安田生命J1リーグ第1節の横浜F・マリノス対ガンバ大阪戦が23日に行われ、アウェイのG大阪が2-1で勝利を収めた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨季15年ぶりのJ1制覇を成し遂げ、連覇に挑む王者横浜FM。今季はFUJI XEROX SUPER CUPこそPK戦での敗戦に終わったものの、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では2戦2勝と上り調子でリーグ開幕を迎えた。

 だが開始6分、ホームの横浜FMは思わぬミスからG大阪に先制点を献上してしまう。バックパスを受けたGK朴一圭のトラップが大きくなったところを矢島慎也が奪い、中央でボールを受けた倉田秋がシュートを流し込んだ。

 さらに前半34分、GK東口順昭からのロングフィードで左サイドに抜け出した倉田がマイナスへ折り返し、矢島のシュートがゴールネットを揺らす。一旦はオフサイドで無効とされたが、今季からJ1全試合に導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による確認を経て判定が変更され、G大阪の2点目が認められた。

 2点ビハインドで前半を折り返した横浜FMは、後半立ち上がりのオナイウ阿道の決定機がわずかに枠を外れるなどなかなか反撃ならず。だがようやく74分、ペナルティーアーク内で縦パスを収めたマルコス・ジュニオールが反転からゴール左上隅への鮮やかなシュートを突き刺して1点を返すことに成功した。

 終盤にはエジガル・ジュニオも投入し、最後まで諦めずトライを続けた横浜FM。アディショナルタイムには遠藤渓太のシュートがゴールライン上でDFにブロックされ、ハンドがあったか否かのVAR判定が行われるなど際どい場面もあったが、同点ゴールは生まれないままタイムアップとなった。

【得点者】
6分 0-1 倉田秋(G大阪)
34分 0-2 矢島慎也(G大阪)
74分 1-2 マルコス・ジュニオール(横浜FM)

【了】

新着記事

↑top