マンU、過去5年間の歴代フォーメーション。ファーガソン退任後、名門はなぜ迷走を続けたのか?

サー・アレックス・ファーガソン退任後、迷走を続けているマンチェスター・ユナイテッド。現在はクラブOBでもあるオーレ・グンナー・スールシャール監督の下で再建を図っているが、そこに至るまでも数多くの試練があった。今回フットボールチャンネルでは、ユナイテッドの過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介する。

2020年03月16日(Mon)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

タイトルを獲得も…

マンチェスター・ユナイテッド
マンU、2015/16シーズンの基本フォーメーション(黄色は新加入選手)

【2015/16シーズン成績】
プレミアリーグ:5位(19勝9分10敗)
チャンピオンズリーグ:グループリーグ敗退
ヨーロッパリーグ:ベスト16
FAカップ:優勝
EFLカップ:4回戦敗退


【今シーズンのユナイテッドの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ルイス・ファン・ハール体制2年目を迎えたマンチェスター・ユナイテッドは、オフ期間中に積極補強を敢行。指揮官とオランダ代表でも共にプレーするFWメンフィス・デパイやモナコで活躍していたFWアントニー・マルシャル、MFバスティアン・シュバインシュタイガーやMFモルガン・シュナイデルランなど多くの実力者を加えている。中でも、伝統ある「7番」を受け継いだデパイに対する期待は大きかった。

 プレミアリーグ第7節終了時点で首位に立つなど、ユナイテッドの序盤戦は決して悪くなかった。第8節のアーセナル戦では0-3の完敗を喫したものの、その後もチームはうまく立て直し安定して勝ち点を奪取。第13節のワトフォード戦までわずか2敗という成績だった。

 しかし、悪夢はここから始まる。第14節のレスター戦で引き分けに終わると、リーグ戦ではそこから6試合勝ちなし。チャンピオンズリーグ(CL)でもまさかのグループリーグ敗退に終わるなど、冬の時期にはチームとしての脆さが浮き彫りとなったのだ。

 “各駅停車”のパス回しにはサポーターもストレスを抱えていたようで、次第にスタジアムには「アタック、アタック」という声も鳴り響くようになった。だが、ファン・ハール監督に率いられたチームはその後も改善を果たすことなく、CL出場圏外の5位でリーグ戦をフィニッシュ。全38試合で49得点という数字は、クラブ史上ワースト記録となった。

 新加入選手もことごとく期待を裏切った。合格点はマルシャル一人のみと言ってもいいだろう。大きな期待を受けたデパイは「背番号7」に相応しくないパフォーマンスに終始し、批判の的に。シュバインシュタイガーもインパクトに欠け、シュナイデルランも絶対的な存在とまでは言い切れない。唯一の収穫はFWマーカス・ラッシュフォードの台頭だろうか。

 結局、ファン・ハール監督はFAカップ制覇こそ果たしたものの、そのタイトルのみで信頼を回復できるわけがなく、解任。指揮官は自身の去就を後任のジョゼ・モウリーニョからの電話で初めて知ったと言う。

▽GK
ダビド・デ・ヘア

▽DF
クリス・スモーリング
ダレイ・ブリント
アントニオ・バレンシア
マルコス・ロホ

▽MF
マイケル・キャリック
マルアン・フェライニ
ジェシー・リンガード
アントニー・マルシャル
ウェイン・ルーニー

▽FW
マーカス・ラッシュフォード

1 2 3 4 5

新着記事

↑top