浦和レッズ、歴代最強外国籍選手5人。ドイツとの深いつながり、超強力ブラジル人たちと掴んだ栄光

2020年04月20日(Mon)7時15分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

キャリア全盛期を浦和に捧げた魔法使い

Urawareds_2007
2007シーズンの基本先発メンバー

ロブソン・ポンテ(ブラジル出身)

生年月日:1976年11月6日(43歳)
在籍期間:2005年〜2010年
J1通算成績:144試合出場/33得点

 クラブのレジェンドにして当時の監督だったギド・ブッフバルトに請われる形で、ドイツの名門レバークーゼンから浦和に加入したのが2005年なつのこと。それから2010シーズンまで5年半にわたって浦和をけん引した。

 移籍1年目から背番号10を託され、夏以降の半年だけでリーグ戦8得点を記録。2006年は浦和にとって初のJリーグ優勝に貢献し、2007年はAFCチャンピオンズリーグ制覇の立役者となると、Jリーグでは7得点12アシストの大暴れで年間最優秀選手賞に輝いた。異次元のテクニックと卓越したプレービジョンで圧倒的な存在感を放っていた。

 晩年は怪我も多く、浦和退団後に所属した母国のグレミオ・バルエリでのプレーを最後に2011年限りで現役を引退。最近は現役時代に自身の代理人だったテオドロ・フォンセカの腹心としてポルトガル1部ポルティモネンセのディレクターを務め、数々な日本人選手の獲得や、日本への選手供給で辣腕を発揮している。たびたび来日しており、埼玉スタジアム2002などでその姿を見かけることも。

●2007シーズンの基本先発メンバー

▽GK
都築龍太

▽DF
坪井慶介
田中マルクス闘莉王
阿部勇樹

▽MF
山田暢久
鈴木啓太
長谷部誠
相馬崇人
ロブソン・ポンテ

▽FW
田中達也
ワシントン

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top