清水エスパルス、歴代ガッカリ外国籍選手5人。アーセナル無敗優勝メンバーの失望、無得点でも愛されたのは…?

2020年05月18日(Mon)7時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

不思議と愛された「ジミーちゃん」

Spulse_2012jymmy
2012年J1第21節:名古屋グランパス戦の先発メンバー

ジミー・フランサ(ブラジル出身)

生年月日:1984年4月15日(当時27歳)
在籍期間:2012年
J1通算成績:14試合出場/0得点

 FCシェリフ・ティラスポリ時代にモルドバリーグ得点王を獲得し、年間15得点を期待できるストライカーとの触れ込みで清水に加入した。ところが開幕してすぐに化けの皮が剥がれる。

 オフサイドラインを無視した奇妙なポジショニングで、サッカーのルールを知らないのではないかと揶揄された。シュートは一向に入らず、競り合いにも弱く空中戦ヤポストプレーもまともにこなせない。守備もめちゃくちゃで、J1のレベルに達していないのは明らかだった。

 それでも不思議と清水のファン・サポーターから愛された。「ジミーちゃん」という愛称で親しまれ、どんなに失敗しても健気に走り回る姿には惜しみない声援が注がれた。2011年8月、清水では最後の試合になった名古屋グランパス戦の終了後には盛大な「勝ちロコ」とチャントで送り出され、ジミーちゃんは涙を流した。

 清水からJ2の東京ヴェルディに期限付き移籍したものの、わずか1ゴールにとどまり、2012年限りで両クラブからの退団が発表された。2016年にブラジルで現役を引退したが、今でもツイッターのプロフィール写真は清水時代のもので、清水関連のツイートも盛んに投稿している。同じ静岡県内の宿敵・ジュビロ磐田が負けようものなら渾身の煽りを放つなど、ジミーちゃんの“オレンジ愛”はとにかく強い。

●2012年J1第21節:名古屋グランパス戦の先発メンバー

▽GK
山本海人

▽DF
河井陽介
平岡康裕
カルフィン・ヨン・ア・ピン
イ・キジェ

▽MF
杉山浩太
大前元紀
アレックス・ブロスク
石毛秀樹
高木俊幸

▽FW
ジミー・フランサ

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top