清水エスパルス、歴代ガッカリ外国籍選手5人。アーセナル無敗優勝メンバーの失望、無得点でも愛されたのは…?

2020年05月18日(Mon)7時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

スーパースターの威光は薄れ…

Spulse_2011ljungberg
2011年J1第28節:名古屋グランパス戦の先発メンバー

フレドリック・ユングベリ(元スウェーデン代表)

生年月日:1977年4月16日(当時34歳)
在籍期間:2011年
J1通算成績:8試合出場/0得点

 2003/04シーズンのアーセナル無敗優勝メンバーだったスーパースターは、すでにキャリアの終盤で衰えも顕著だった。2011年夏に清水へやってきて1年半契約を結んだが、数試合出場したところで負傷の治療のためスウェーデンに帰国してしまう。

 翌シーズンも契約を残していながら、日本に戻ってこず2012年2月に契約解除が発表された。Jリーグにとっても久々のビッグネームで、テクニックは錆びついておらず、小野伸二との共演にも期待が集まった。しかし、全盛期の武器だったスピードは見る影もなく、失望ばかりが残る結末となってしまった。

 清水退団後は一度現役引退を発表したものの、2014年10月に新たに開幕したインド・スーパーリーグで3ヶ月間だけ現役復帰を果たし、ムンバイ・シティFCに所属した。その後再び現役を退いて指導者に転身。今季は古巣アーセナルでウナイ・エメリ監督解任にともなって暫定監督を務め、ミケル・アルテタ監督就任後はアシスタントコーチとして新指揮官を支えている。

●2011年J1第28節:名古屋グランパス戦の先発メンバー

▽GK
山本海人

▽DF
辻尾真二
岩下敬輔
エディ・ボスナー
太田宏介

▽MF
小野伸二
カルフィン・ヨン・ア・ピン
大前元紀
フレドリック・ユングベリ
高木俊幸

▽FW
アレックス・ブロスク

1 2 3 4 5

新着記事

↑top