韓国代表、背番号10の系譜。日韓大会4強進出の英雄、流浪の嫌われ者、そして“コリアン・メッシ”へ

韓国代表といえば、現在の絶対的エースは間違いなくソン・フンミンだ。彼はクラブでも代表でも「背番号7」のイメージが強い。では、「背番号10」は誰が着用してきたのだろうか。韓国史上初のベスト4進出を果たした日韓大会から、最新のロシア大会までのワールドカップ5大会で「アジアの虎」の背番号10を任された選手たちの活躍を振り返る。

2020年05月28日(Thu)7時15分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

日韓ワールドカップ(2002)

イ・ヨンピョ
【写真:Getty Images】

背番号10:イ・ヨンピョ(安養LGチータース[現FCソウル])
生年月日:1977年4月23日(当時25歳)
個人成績:5試合出場/0得点2アシスト

監督:フース・ヒディンク
戦績:4位


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 1999年、プロ入り前の建国大学在学中に韓国代表デビューを飾り、2000年にドラフト1位で安養LGチータース(現FCソウル)に入団。1年目からKリーグ優勝に大きく貢献し、韓国屈指のサイドプレーヤーとして評価を高めた。

 そして2002年の日韓ワールドカップには背番号10を着けて参戦する。グループリーグ第3戦のポルトガル代表戦でパク・チソンのゴールを、決勝トーナメント1回戦のイタリア代表戦ではアン・ジョンファンのゴールをアシストした。

 韓国代表は同国史上初のベスト4進出を果たし、脚光を浴びる。そしてイ・ヨンピョ自身の評価も高まり、2003年1月に代表のチームメイトであるパク・チソンとともに、フース・ヒディンク監督率いるオランダの名門PSVアイントホーフェンへの移籍を勝ち取った。

 基本的にはサイドバックのため、日韓ワールドカップ後は背番号10ではなくなったものの、2006年のドイツ大会と2010年の南アフリカ大会にも出場。ワールドカップ3大会連続で主力を担った。クラブレベルではトッテナムやボルシア・ドルトムント、北米MLSのバンクーバー・ホワイトキャップスなどでもプレーして2013年に現役を引退している。

 韓国代表では通算127試合に出場して5得点という偉大な功績とともに、韓国史上最高のサイドバックとして歴史に名を刻んだ。

●準決勝・ドイツ戦の先発メンバー

▽GK
イ・ウンジェ

▽DF
キム・テヨン
チェ・ジンチョル
ホン・ミョンボ

▽MF
ソン・ジョングク
ユ・サンチョル
イ・ヨンピョ
パク・チソン

▽FW
チャ・ドゥリ
イ・チョンス
ファン・ソンホン

1 2 3 4 5

新着記事

↑top