イタリア代表、EUROメンバーを妄想! もし今年開催されていたら…世代交代が進む新生アッズーリを担うのは?

今年行われる予定だったEURO2020は、非常に残念ながら、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまった。ロシアワールドカップの欧州予選で敗退したイタリア代表は、欧州一を決める大会で雪辱を期すつもりだったに違いない。そこで今回は、もしEURO2020が行われていたら、イタリア代表メンバーはどんな面々となっていたのかを予想する。

2020年06月08日(Mon)7時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

GK

0608ItalyGK_getty
【写真:Getty Images】

 ロシアワールドカップは予選敗退の屈辱を味わったイタリア代表は、ロベルト・マンチーニ監督の下で新たなスタートを切った。18/19シーズンのネーションズリーグでは準決勝に進出できなかったが、EURO予選では10戦全勝で危なげなく本大会の出場権を獲得している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 2018年に監督に就任したマンチーニは、セリエAで活躍する若い選手を積極的にA代表に抜擢。ネーションズリーグやEURO予選では選手の固定は最小限に抑えて、多くのポジションで競争を促している。

 正GKは世代交代の旗頭でもある、ACミランのジャンルイジ・ドンナルンマになるだろう。ジャンルイジ・ブッフォンが去ったアッズーリ(イタリア代表)のゴールマウスを任され、21歳ながらクラブと代表での経験は十分。イタリア代表としては初のメジャー大会となるが、如何なくその実力を発揮してくれるだろう。

 ドンナルンマの対抗馬となるのは、サルバトーレ・シリグ。昨シーズンは7位に入ったトリノの正GKとして、リーグ2位となる14回のクリーンシート(無失点)を達成。2010年から招集されているイタリア代表では長年控えに回ってきたが、今回のEURO予選ではちょうど半分の5試合に先発している。今季のトリノは不調にあえいでいるが、チームからの信頼は変らない。ドンナルンマが有事の際は安定したパフォーマンスでチームを救ってくれるはずだ。

【次ページ】CB

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top