ヴィッセル神戸、トルステン・フィンク監督の退任を発表。「家族のもとに戻るという決断をした」

2020年09月22日(Tue)17時37分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

トルステン・フィンク
【写真:Getty Images】

 J1のヴィッセル神戸は22日、トルステン・フィンク監督の退任を発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 フィンク監督はクラブの公式サイトを通して「神戸で素晴らしい時間を過ごせました。二つのタイトルという成功を収めることもできました。これは歴史に残ることですし、我々を永遠に結びつけるものです。この街、このチーム、そしてこのサポーターに別れを告げるのは簡単ではないですし、非常に寂しく思います」とサポーターに向けて挨拶した。

 そして、フィンク監督は退任の理由について「我々は一つになって大きな目標を達成することもできましたが、私は家族のもとに戻るという決断をしました。まだリーグ戦でも良い結果を残せると思いますし、アジアチャンピオンズリーグという大きな大会もまだあるので、今後の幸運を祈ります」とコメントしている。

 フィンク監督はバーゼルやハンブルガーSVの監督を歴任。昨年6月に神戸の監督に就任した。神戸は昨季の天皇杯で優勝を果たし、クラブに史上初のタイトルをもたらした。神戸は中断となっているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を控えていて、フィンク監督のアジアの舞台での手腕に期待が集まっていたが、退任となってしまった。

 なお、クラブの発表によると、セバスチャン・ハーンヘッドコーチ、モラス雅輝アシスタントコーチ、ニコラ・ヴィドヴィッチフィジカルコーチとは契約解除となるという。後任などについては発表されていない。

【了】

新着記事

↑top