大迫勇也
【写真:Getty Images】

 日本代表は現地9日に国際親善試合でカメルーン代表と対戦し、0-0の引き分けに終わった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 非常に組織的で整理されたサッカーを展開してきたカメルーン代表に対し、前半の日本代表は苦しんだ。なかなかプレスがはまらず、相手にボールを握られる時間も長くなっていた。

 そこで森保一監督はハーフタイムにシステム変更を決断。後半から安西幸輝に代えて伊東純也を投入し、4-2-3-1から3-4-2-1へ形を変えて戦った。大迫は「前半は守備のところでなかなかハマらずに、そこで力を使ってしまったという印象で、なかなかそこから前に行く力がなかったんですけど、後半はそこをしっかりクリアにできました」と試合を振り返った。

 ただ、ゴールは奪えず。無得点でのドローという結果に「前の選手が結果を出すことができれば、単純ですけどそこに尽きると思う」と悔しさも口にする。

 大迫は所属クラブでのリーグ戦再開に備えるため、カメルーン戦のみでブレーメンに戻らなければならないが、「得点を取り切る、僕がしっかり取るということはブレずに追い求めていきたい」と次回以降のリベンジを誓った。

 今回の日本代表は史上初めて欧州組のみでの活動となり、対戦相手のカメルーン代表も欧州でプレーしている選手のみで構成されていた。オランダに集合しての合宿や試合開催は移動などによる負担も少なく、「対戦相手がすごくいいコンディションでしたし、いい相手だったというのがすごく僕らにとってはプラスになった試合だったと思う」と大迫は振り返る。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中でも日本代表としての活動が実現したことについて、「いろいろな人の頑張りがあって僕らは試合ができたと思いますし、本当にいろいろな人に感謝したい」と述べる。

 そして日本のエースストライカーは「もっとプレーで返せるようにしないといけないと僕らは責任を感じているので、これからさらに頑張っていきたいと思います」と、国際親善試合の実現に尽力した関係各所への感謝を力に変えて戦い続けることを誓った。

(取材:元川悦子、文:編集部)

【了】

新着記事

↑top