アトレティコ・マドリード最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。シメオネ10年目、スアレス加入とジョアン・フェリックス覚醒で変化

ラ・リーガも9節を消化した(アトレティコ・マドリードは2試合を未消化)。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、アトレティコ・マドリードの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

2020年11月10日(Tue)6時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

目次

GK
DF
MF
FW
フォーメーション

GK

1110Oblak_getty
【写真:Getty Images】

ヤン・オブラク(スロベニア代表/背番号13)
生年月日:1993年1月7日(27歳)
20/21リーグ戦成績:7試合出場/2失点


【今シーズンのリーガはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 1試合あたりの平均失点が最も少なかったGKに与えられるサモラ賞を昨季は逃したが、4季連続で受賞したヤン・オブラクの信頼が損なわれることはない。昨年4月にはアトレティコとの契約を2023年夏まで延長し、契約解除金を1億2000万ユーロ(約144億円)に設定している。

 今季もここまで公式戦10試合すべてでゴールマウスを守り、ラ・リーガでは7試合でわずか2失点。2試合未消化ながら3位につけるチームを最後尾から支えている。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top