横浜F・マリノス、ACL決勝T進出が決定!ティーラトンの強烈ミドルなど4得点で全北現代に勝利【ACL】

2020年12月01日(Tue)20時54分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

ティーラトン
【写真:Getty Images】

【横浜F・マリノス 4-1 全北現代 AFCチャンピオンズリーグ・グループH第5節】

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループH第5節、横浜F・マリノス対全北現代モータースが1日に行われた。横浜FMが4-1の勝利を収めた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる横浜FMではティーラトンや仲川輝人、エリキやマルコス・ジュニオールなどが先発に名を連ねた。

 5分、エリキのパスで左サイドを抜け出した高野遼がクロスを供給。マルコス・ジュニオールがダイレクトで合わせるが、しっかりとミートせず。ゴールを捉えることはできなかった。

 すると17分、FKの流れからティーラトンがボールを受け、ペナルティエリア手前左までドリブルで侵入。そこから左足を振り抜くと、強烈な威力のボールに相手GK一歩も動けず。ボールはゴールに突き刺さった。

 1点をリードした横浜FMは51分、仲川からのパスをペナルティエリア右で受けたマルコス・ジュニオールがダイレクトシュート。これがゴール左に吸い込まれた。しかし横浜FMは直後にPKを与えてしまい、ソウザのゴールで失点してしまう。

 だが72分、左サイドのスローインからエリキがワントラップの後にバイシクルでクロスを送る。このボールに仲川が飛び込みダイレクトで合わせてゴールネットを揺らした。続く83分、オナイウ阿道のシュートがポストに当たり、跳ね返りが相手GKに当たりそのままゴールに吸い込まれた。

 試合はこのまま終了し、横浜FMが4-1の勝利を収めた。勝利した横浜FMは決勝トーナメント進出が決定した。

【得点者】
17分 1-0 ティーラトン(横浜F・マリノス)
51分 2-0 マルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス)
54分 2-1 ソウザ(全北現代)
72分 3-1 仲川輝人(横浜F・マリノス)
83分 4-1 ソン・ボムクン【OG】(横浜F・マリノス)

【了】

新着記事

↑top