世界最高額は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング1~5位。ネイマールを上回る100万人に1人の逸材は?【2021最新版】

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※成績は1月6日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

2021年01月07日(Thu)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:アシストを量産

1207Kane_getty
【写真:Getty Images】

FW:ハリー・ケイン(イングランド代表/トッテナム)
生年月日:1993年7月28日(27歳)
市場価値:1億2000万ユーロ(約144億円)
今季リーグ戦成績:16試合出場/10得点11アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 7歳で加入したアーセナル下部組織では失格の烙印を押されたが、そのライバルクラブであるトッテナムで怪物へと進化を遂げ、今やイングランド代表の絶対的エースにもなった。11月にはトッテナムでの公式戦通算200得点と、プレミアリーグ通算150得点を達成。218試合での150得点達成は、アラン・シアラー氏(212試合)とセルヒオ・アグエロ(217試合)に次ぐリーグ史上3番目の早さだった。

FC東京が11年ぶり優勝!レアンドロ&アダイウトン弾で柏レイソル撃破【ルヴァンカップ】


 高確率でゴールを奪うことができるシュートセンスの良さは言わずもがな、身長188cm・体重86kgという体躯から繰り出されるパワーで強さを示すこともでき、味方を生かす術も十分に知っている。そしてどんな状況でも意識をゴールへ向けるという姿勢も、得点量産に繋がっていると言えそうだ。

 近年は故障離脱が続いており、プレミアリーグでは2季連続で20ゴール未満に終わっている。しかし、今季は抜群の連係を見せるソン・フンミンとともにゴールを量産。公式戦では17得点14アシストと驚異的なスタッツを残しており、リーグ戦11アシストはリーグトップの数字となっている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top