清水エスパルス、期待の新戦力5人。他クラブが羨む超積極補強、日本代表守護神にJリーグ屈指の鉄人も

明治安田生命Jリーグの各クラブは、2021シーズンの開幕に向けて準備を進めている。昨季のリーグ戦で16位に終わった清水エスパルスは、レンタルからの復帰組も含め14人の新加入選手を迎えた。フットボールチャンネルでは、その新戦力たちの中から新天地での活躍が期待される5人を紹介する。

2021年02月09日(Tue)6時30分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

現日本代表守護神

権田修一
【写真:Getty Images】

GK:権田修一(ごんだ・しゅういち/背番号37)
生年月日:1989年3月3日(31歳)
前所属:ポルティモネンセ(ポルトガル)
20/21リーグ戦成績:0試合出場/0失点


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨季の清水エスパルスはGKの軸が定まらなかった。アメリカ・デ・カリから加わったネト・ヴォルピは外国人枠の問題もありなかなか試合に絡めず、大久保択生が15試合、梅田透吾(現ファジアーノ岡山)が17試合、そして西部洋平(現カターレ富山)が1試合に出場するという結果になっていた。

 そんな正守護神問題を解決すべく、清水は今冬に権田修一を獲得している。同選手はご存じの通りJリーグでの実績も経験も十分であり、現在の日本代表におけるGKのファーストチョイスにもなっている存在。オリジナル10の一角である清水にとって、間違いなく大きな戦力補強となった。

 2019年1月に加入したポルティモネンセでは出番に恵まれなかったものの、安定したセービング技術、そしてリーダーシップは健在。昨シーズンに脆さを露呈した守備陣も、権田の一声とシュートストップでグッと引き締まることだろう。ベテラン守護神の活躍が、清水を上位進出へと導く。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top