J2移籍まとめ(4)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人

Jリーグの各クラブは2月下旬の開幕に向けて、準備を進めている。新たに加入する選手もいれば、古巣に別れを告げて新たなチームへと移籍する選手もいる。今回フットボールチャンネルでは、新天地で新たなシーズンを迎えるJ2の注目選手を複数回にわたって紹介していく。

2021年02月22日(Mon)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

新潟の新たなストライカー

鈴木孝司
【写真:Getty Images】

FW:鈴木孝司(すずき・こうじ/背番号9)
生年月日:1989年7月25日(31歳)
2020リーグ戦成績:14試合出場/0得点1アシスト
所属クラブ:セレッソ大阪→アルビレックス新潟


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 FC町田ゼルビア在籍時代、二度の大怪我に悩まされた鈴木孝司は2018年に戦力外通告を受けている。しかしその後、合同トライアウトに参加しFC琉球への加入を掴み取ると爆発。開幕から得点を量産し、最終的には27試合の出場で15得点をマークするなど、サポーターに歓喜を届け続けていた。

 その活躍が認められ、2019シーズン途中にセレッソ大阪へ移籍。苦労の末、見事J1への切符を掴み取ったのである。しかしトップカテゴリーの壁は厚く、C大阪での最初のシーズンは公式戦12試合で1得点という成績。昨季は満足いく出場機会を得られず、FWとして屈辱的な無得点に終わっている。

 そんなベテランストライカー鈴木にとって、アルビレックス新潟への移籍は再起をかけた挑戦になる。高知ユナイテッドSC、カマタマーレ讃岐との練習試合で得点するなど新天地でさっそく期待値を高めているが、その勢いを維持しシーズン開幕を迎えられるか。新潟の新ストライカーに注目だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top