15歳の東京ヴェルディMF橋本陸斗、J史上3番目の若さでデビュー「もう感動。とにかく感動しました」

2021年02月28日(Sun)20時10分配信

photo Zoom
Tags: , , , , , , , , ,

橋本陸斗
【写真:Zoomのスクリーンショット】

 Jリーグにまた楽しみな若手選手が現れた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 28日に行われた明治安田生命J2リーグ第1節の東京ヴェルディ対愛媛FCで、ヴェルディのMF橋本陸斗がJリーグデビューを飾った。

 15歳10ヶ月26日でのJリーグ初出場は、久保建英(15歳5ヶ月1日)と森本貴幸(15歳10ヶ月6日)に次ぐリーグ史上3番目の若さ。また、J2では史上最年少デビュー記録更新となった。

 3-0でヴェルディがリードしていた後半の79分、MF佐藤優平に代わって途中出場した橋本は、短い出場時間のなかでも確かな存在感を発揮した。試合後、取材に応じた際には「もう感動。とにかく感動しました」とJリーグデビューの喜びを感慨深げに語った。

 ピッチに立つと、直後にはFW小池純輝からのパスを受けて惜しいシュートを放ち、会場がどよめく場面も。試合終了間際には自らドリブルでカットインし、得意の左足で鋭いミドルシュートも披露した。

 橋本は中学3年生ながら飛び級で東京ヴェルディユースに昇格し、すでに高校生年代の公式戦でも活躍中。U-16日本代表にも継続的に招集されている。昨年から継続的にトップチームの練習やキャンプなどに参加し、2月26日に2種登録が認められてJリーグの公式戦出場が可能になったばかりだった。

「いやあもう、結構緊張して。試合前とかメンバーに入った時は緊張していました。でも、試合に入ったら自分のやることをやったという感じで、緊張はそこまでなかったです」

 プロデビュー戦とは思えない堂々たるプレーぶりには、永井秀樹監督も「期待通りと言いますか、楽しみながら、彼らしい、いいプレーを見せてくれたんじゃないかと思います」と好印象を抱いたようだった。

 同世代の他の選手たちに先駆けてプロの舞台を経験した橋本は、「世界のサッカー界は僕の年齢でトップトップでやっている選手ばかりなので、年齢よりは自分がもっと結果を残していかなければいけないと思います」と決意を新たにしていた。

 Jリーグの舞台に立ち、橋本はフィニッシュの精度や守備の強度に課題があると感じることもできたという。そして「とにかく練習から必死にやって、またベンチや先発を狙えるような評価をしてもらって、またベンチに入って、先発でも出たい」と意欲に満ち溢れていた。

 永井監督や周囲から実力を認められ、将来を期待されているからこそ、まだ中学を卒業していない段階でのトップチームデビューを果たすことができた。クラブの将来を担う才能として期待は大きい。今後のさらなる活躍に注目だ。

【了】

新着記事

↑top